カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. むくみ >
  5. 生理前のむくみを軽くするセルフケア

女性のカラダの悩み

生理前のむくみを軽くするセルフケア

生理前になると、なんとなくむくむ感じがするという人は多いのではないでしょうか。

生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響により、月経に備えて体に水分をため込む傾向にあります。

むくみが気になるとき、どのようなセルフケアをすると良いのでしょうか。

 

水分をしっかりととる

むくみの原因は、からだに水分が溜まっているせい。

だからといって水分を控えるのはNGです。

からだは50~60%が水分が占めているといわれており、これらの水分は細胞内や血液内などに存在します。

こうした水分が、細胞や血管の外に出て溜まってしまった状態が「むくみ」

 

生理前は、経血によって水分を喪失するのに備えて、ホルモンの働きによって水分をため込もうとしています。

このときに水分が足りないと、からだは頑張って水分をため込もうとするため、余計にむくみやすくなってしまうのです。

 

水分をしっかりとり、汗や尿として排出することが大切。

1日1500ml~2000ml程度の水分摂取が目安です。ただしここには、食事からの水分も含まれますので、毎日2リットルの水を飲まなければならないわけではありません。

 

ストレッチと運動

足がむくんだら、寝るときに足を少し高くして寝ると効果的です。

また、普段から足首や股関節を回す運動をすると、水分が下がるのを防ぐことができます。

自転車も足の筋肉を鍛えるのに効果的です。

 

マッサージ

足首から上に向かって、ふくらはぎをマッサージします。

膝の裏にはリンパ節がありますので、そこに流すイメージで。最後にリンパ節の部分(膝の裏の固い部分)を押して、リンパの詰まりを取るイメージでマッサージします。

 

着圧ストッキング

足首からふくらはぎにかけて段階的に圧力をかける弾性ストッキングをはくと、足のむくみに効果があります。

パンティストッキングタイプやハイソックスタイプがありますが、きつすぎるものを選ぶとかえって血行を悪くする可能性があるので、自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。

 

カリウムを含む食品をとる

塩分が多いとむくみの原因になります。

塩分を排泄するのに役立つのが、塩(ナトリウム)と反対の作用をもつカリウム。昆布やアボカド、納豆などに多く含まれます。

 

むくみが気になり始める前からストレッチや運動を取り入れるとともに、生理前にはむくみを軽くするセルフケアを取り入れて、からだの中と外から不快な症状を軽減していきたいですね。

photo by://www.ashinari.com/2012/02/07-357595.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみに関する記事

ぜひ試して!むくみ解消マッサージ&運動

生理前の辛いむくみの解消にはマッサージや運動も効果的です。 マッサージの中でも...

食事から見直す、生理中のむくみ解消法

 生理が始まると、女性の身体は黄体ホルモンの分泌がさかんになり、妊娠しやすい環境...


生理中、足のむくみはこれで解消!

足に流れた血液は、重力に逆らうため筋肉のポンプ機能によって逆流し、心臓へと返って...

生理前のむくみの原因と対処法は?あなたは足に出る?顔に出る?

生理前になると顔や足がむくみやすい!そんな女性は意外と多いんです。これは女性...

カラダノートひろば

むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る