カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. むくみ >
  5. 生理前のむくみの原因と対処法は?あなたは足に出る?顔に出る?

女性のカラダの悩み

生理前のむくみの原因と対処法は?あなたは足に出る?顔に出る?

生理前になると顔や足がむくみやすい!そんな女性は意外と多いんです。これは女性ホルモンの影響によるもの。ここでは生理前のむくみの原因と対処法を、むくんでしまう場所別にまとめました。

 

生理前のむくみの原因は?

生理前になるとなんとなく体が重くなったり、手足がむくんだ感じがしたり、人によっては実際に体重が増える人もいるようです。

なぜ、生理前になるとむくむのでしょうか?

 

それは、黄体ホルモン(プロゲステロン)のはたらきのためです。

生理前に多く分泌される黄体ホルモンは、体の水の排出を抑え、体内に水をためこむ働きがあります。

生理になると血液として体からたくさんの水分が失われるため、これに備えるためのからだの防御作用といえます。

 

生理前のむくみを軽減させる方法は?

生理前には、プロゲステロンというホルモンの血中濃度が上昇することによって引き起こされる、むくみに悩まされている人が多いと思います。

しかし、生理前にプロゲステロンが上昇することは、自然な生理現象なので、それ自体をなくすことはできません。

 

他にも、PMS(月経前症候群)の症状がたくさん出てしまい、動けなくなってしまい寝込むようなことがあるなら、それは、ホルモンバランスの必要以上の乱れによるものですから、産婦人科医に相談する必要があります。

 

そこまで重症ではないけれど、むくみが気になる…という場合、どうすればよいのでしょうか。

 

むくみを軽減させる栄養素・避けるべき成分

むくみの解消には、ビタミンB6が効果的です。ビタミンB6の含有量が多い食品は、レバー、マグロ、かつおなどです。

 

また、利尿作用のある成分として、カフェインを連想しがちですが、カフェインは、ホルモンバランスを乱す作用があるので、生理前のむくみを解消する目的での摂取は控えましょう。

 

また、塩分を摂り過ぎることによってむくむ場合があるようです。生理前に塩分を必要以上に摂ることは避けましょう。

 

身体を温めてむくみを解消する

身体を温めることで、新陳代謝を活性化させることがむくみの解消には有効です。

血行がよくなれば、PMSの症状も緩和させることができるので、生理前に身体を冷やす行動は控えましょう。

 

睡眠を十分にとる

ホルモンバランスの乱れによって、必要以上にむくんでしまっている場合、じっくり休養することが必要です。

あまり夜更かしをしないように、生理前はいつもより早めに、仕事や家事などを切り上げ、余裕をもって生活するように心がけましょう。

 

生理前のむくみ解消には、以下が大切です。ぜひ、生活に取り入れてみてください。

・ビタミンB6の積極的摂取

・身体を冷やさない

・休養をしっかりとる

 

むくむ場所によって異なる原因

人間のからだには、血管内や細胞の中にたくさんの水があり、成人女性なら体重の50~60%が水分といわれています。

血管や細胞の中にあるはずの水が、細胞の外に出てたまってしまった状態がむくみです。

 

むくみが起こる原因としては、病気によるものや栄養失調などの深刻なものから、冷えや運動不足、不規則な生活やストレスなど、さまざまな原因があげられます。

あなたは足と顔、どちらにむくみが出やすいですか?

 

足のむくみ

靴がきつくなるなど、夕方から夜にかけて起こる足のむくみは、長時間立ち仕事をしたり、すわったままの姿勢でいたりすることで起こります。

血行が悪くなり、重力で足に余分な水分が溜まってしまった状態です。

 

対処法

・着圧ソックスを着用

・適度な運動で血行を改善する

・ゆっくりと入浴し、足をマッサージすることで血行を促す

・長時間同じ体勢を取りつづけないよう、適度にストレッチなどをして体を動かす

 

顔のむくみ

顔のむくみは、塩分の取りすぎから起こることが多くみられます。体内の塩分濃度が上がると、それを薄めようと体が水分を貯め込みます。

アルコールを飲みすぎた場合も、血液中のアルコール濃度を下げるために体が水分をため込もうとするため、翌朝顔がむくむ原因になります。

 

対処法

・塩分を摂りすぎている場合は、塩分を控える

・カリウムを含む食品(海藻、納豆など)を食べて、塩分の排せつを促す

・スナック菓子や甘いもの、外食は要注意

・むくんでいるからと水分を減らさず、しっかりと水分補給して排泄を促す

・アルコールの飲みすぎに注意する

 

生理前は、普段よりも水分をため込みやすいからだになっていますので、不快なむくみ症状が出る前に、生理前は塩分濃度に気を付けたり、マッサージや入浴、ストレッチによって冷えや血行不良を改善するように心がけたいですね。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●足のむくみと湿疹に要注意!鬱血性皮膚炎という病気について

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: seasideさん

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみに関する記事

生理中は足が太くなる!?むくみが起きる原因と仕組み

女性の代表的な悩みがむくみです。普段から足がむくむという方もいますし、生理の...

これでばっちり!生理のむくみ対処法徹底解説

生理前、生理中のむくみは不快感が大きいです。 体全体がズーンと重くなったような...


生理前のむくみを軽くするセルフケア

生理前になると、なんとなくむくむ感じがするという人は多いのではないでしょうか...

食事から見直す、生理中のむくみ解消法

 生理が始まると、女性の身体は黄体ホルモンの分泌がさかんになり、妊娠しやすい環境...

カラダノートひろば

むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る