カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. かに >
  5. 除去食 >
  6. 「甲殻類アレルギー」エビ・カニアレルギーの特性と除去時の注意点

アレルギー

「甲殻類アレルギー」エビ・カニアレルギーの特性と除去時の注意点

食物アレルゲンの除去をするにはそれぞれの食品の特性を知っておかなければいけません。エビ・カニアレルギーは成人の食物アレルギーで最も多く、注意が必要です。

 

徐々に増えるアレルギー

甲殻類アレルギーは魚介類のアレルギーの中で最も多いものです。卵・小麦アレルギーなどが乳幼児期にピークを迎えて徐々に減少していくのに対して、エビ・カニなど甲殻類アレルギーは小学生頃から増加して、成人では一番多い食物アレルギーとなります。

 

原因タンパク質

アレルギーを起こす原因となるタンパク質はトロポミオシンです。トロポミオシンはイカ、タコ、貝類にも含まれるので、エビ・カニアレルギーのある方はイカ・タコにも注意が必要です。

 

検査結果に出ない事も

アレルゲンに対するIgE抗体の検査で陰性となっても、蕁麻疹などの症状が出る事があります。検査の結果はあくまで参考程度にして、実際にどのような反応が出たのかを診る事が大切です。

 

症状は?

症状としては蕁麻疹やむくみといった皮膚症状が多く、口の中に不快感やかゆみを訴えたり、中には呼吸器症状を伴ったアナフィラキシーショックを呈するものもいます。

 

エビ・カニアレルギーは即時型アレルギーとして、食べて数分から2時間以内には症状が出てきます。また、アレルゲンを食べた後に運動する事によって、アレルギー症状の出てくる食物依存性運動誘発アナフィラキシーショックを引き起こすアレルゲンの一つでもあります。

 

加熱してもダメ?

エビアレルギーの人でも、エビせんべいは80%の人が食べれるといった結果からも、トロポミオシンは高温で加熱すれば変性して抗原性を失う可能性があります。 

 

それでもエビ・カニを煮込んだスープでは反応が出る事から、かなりの高温で処理しなければ抗原性が残る事が分かります。

 

エビ・カニアレルギーは成人になってからも続く事が多いので、一生付き合っていく気持ちで除去に臨みましょう。 

 

「アレルギー」で人気の記事はこちら

●大人でもよく見られる食物アレルギー!えびアレルギーの3つの症状とは?

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

かにアレルギーの原因!トロポミオシンの性質を知って対策を

かにアレルギーにおける除去食の注意点を、かにアレルギーのアレルゲン(原因物質)...

「かに風味」にも要注意!?かにアレルギーの人の食材選びの注意ポイント

かにアレルギーの除去食を行う際、気を付けなければいけないのが「かに風味」。 ...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る