カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 敏感肌 >
  5. セラミドやビタミンAなど…体の中から乾燥肌を改善する栄養&成分まとめ

美容・ダイエット

セラミドやビタミンAなど…体の中から乾燥肌を改善する栄養&成分まとめ

 

冬の時期は特に、空気の乾燥とともに肌の乾燥も問題になります。乾燥肌は角質層の水分が少なくなったり、皮脂の分泌が少なくなることによって表面が乾燥した状態になることで、空気の湿度が30%を切ると肌の水分が蒸発しやすくなると言われています。

 

 

部屋の中などであれば湿度をコントロールすることも出来ますが、それにも限界があります。そのため根本的に乾燥を防ぐためには自分の体の方を変える必要があります。乾燥しにくい肌をつくる方法としては皮膚をつくるもとになる、食事に気を配る必要があります。そのためにはどんな成分を考えて摂取する必要があるのでしょうか。

 

セラミド

…セラミドは皮膚の角質層にある脂質で、皮膚を外からの刺激から守りつつ、角質層の水分を保持する働きがあります。セラミドを多く含む食品には大豆やこんにゃく、胚芽部分を含んでいる米、小麦、ヨーグルト、ほうれん草などがあります。

 

ビタミンA

…ビタミンAは皮膚や粘膜の機能を維持し、新陳代謝を促す働きがあります。ビタミンAを多く含む食品には緑黄色野菜やレバー、乳製品、海藻などがあります。

 

脂質

…脂質というと、あまりとりたくないイメージがあるかもしれません。しかし脂質が不足すると皮膚のかさつきの原因になります。脂質を多く含む食品には肉類や卵、乳製品、植物油、青魚、ナッツ類などがあります。

 

たんぱく質

…ダイエットとしてたんぱく質をぬく方法もありますが、これは気をつけなければ肌乾燥につながります。ヒトの体の多くはたんぱく質でできています。特に皮膚の角質細胞はたんぱく質でできており、皮膚のバリア機能を維持するためには良質のたんぱく質が重要です。タンパク質を多く含む食品には肉類や魚類、卵、大豆、乳製品などがあります。

 

 

特に食事制限でダイエットなどをしている場合は、こうした成分が不足しやすいですので気をつけましょう。

  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/10/29-383521.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

敏感肌に関する記事

美肌への近道~意外な敏感肌の原因!身の回りのこんなものが原因だった!?

美しい肌を保ちたいので、高機能な化粧品を使いたいけれど、敏感肌なので、何も使...

角質層が原因?敏感肌にお悩みの方必見!効果的な対策法

  敏感肌は、通常の肌がもつバリア機能が正しく機能せず、通常の人が問題のな...


その敏感肌、もしかしたら脂漏性皮膚炎かも?

  鼻の周りや頬にかけての部分が赤くなり、べたつくのにかさついたり、かゆみ...

保湿と保護の違いって?乾燥性敏感肌の原因と予防について

  肌に乾燥は大敵ですが、これが進行すると乾燥性敏感肌になることがあります...

カラダノートひろば

敏感肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る