カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 食物日誌をつけてチェック!遅発型食物アレルギーと即時型食物アレルギーの違い

アレルギー

食物日誌をつけてチェック!遅発型食物アレルギーと即時型食物アレルギーの違い

食物アレルギーには、アレルゲンを摂取してから数分から2時間以内には症状の出てくる食事型食物アレルギーと、アレルゲンを摂取してから1日から2日経って症状の現れる遅発型食物アレルギーの2種類があります。それぞれのアレルギーはどのように違うのでしょうか?

 

即時型食物アレルギー

その名の通りアレルゲンを食べてから短時間で“蕁麻疹が出てくる”“口の中が痒い”“目が腫れた”“咳が止まらなくて息苦しい”“嘔吐する”というような色々な症状が現れるアレルギーです。

食べてすぐに症状が出てくるのでアレルゲンの特定が比較的しやすいアレルギーです。

 

アレルギーの発症にはIgE抗体が関与しているので、どの食物に対して特にIgE抗体が反応するのかというRAST検査などを行います。

 

遅発型食物アレルギー 

アレルゲンを食べてから時間が経って症状が出てくるアレルギーです。

金属アレルギーのようにアレルゲンとなる物質と接触した部分が炎症を起こします。その為に出てくる症状は“下痢”“腹痛”“血便”“嘔吐”といったような消化器症状が主となります。吸収されたアレルゲンが全身に運ばれてそれ以外の症状を出す事もあります。

 

発症にはIgG抗体が関わっており、その検査は一般的にはされていません。その為に食物日誌を付けていつ、何を、どれくらい食べて、どの様な症状がどれくらいの期間出たのかなどを詳細に記録してアレルゲンとなる食品を特定しなければいけません。

 

どちらも出る事がある 

即時型アレルギーと遅発型アレルギーのどちらも持っている人もいます。そういう方は即時型アレルギーの症状が治まった頃に遅発型アレルギーの症状が出てきます。

 

食物アレルギーの症状は必ずしも食べてすぐに出てくる訳ではないので、実は食物アレルギーなのに原因不明の体調不良だと感じている方も少なくありません。

まずは食物日誌をつけてアレルゲンと疑わしい食品があるかをチェックしてみましょう。

 

「アレルギー」で人気の記事はこちら

●大人でもよく見られる食物アレルギー!えびアレルギーの3つの症状とは?

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

食物アレルギーがあるなら薬を飲む時にも注意が必要です!

     薬の中には卵や牛乳の成分を含んでいて服用するとアレルギー反応を引き...

覚えておきたい!食物アレルギーの応急対処

    もしも自分の子供や周りにいる人の誰かが食物アレルギーを起こしてしまっ...


食物日誌をつけてアレルゲンを特定しよう!アレルギーへの対処法

食物アレルギーの最も有効な治療法はアレルゲンの除去です。どのアレルゲンによって...

子供が食物アレルギーを出した時にどう対処する?

    子供がアレルギー症状を発しているのに周りの大人はどうしていいのか分か...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る