カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 子供が食物アレルギーを出した時にどう対処する?

アレルギー

子供が食物アレルギーを出した時にどう対処する?

 

 

子供がアレルギー症状を発しているのに周りの大人はどうしていいのか分からずに、緊急治療薬であるエピペンを携帯していたにも関わらず注射するタイミングを逃してしまい児童が死亡すると言う痛ましい事故がありました。

このような事態を防ぐためにもどの様な症状が出た時にどの様な対処をすればいいのかを知っておくべきです。

 

事前に知らせておく

急にアレルギー患者を目の前にするとどうしていいのか分からない人が殆どです。しかし、アナフィラキシーショックは急激に症状が進行していくので、早急に手を打たなければいけません。

事前にアレルギーがある事を知らせておけば、いざという時の行動が違います。

 

軽いアレルギー

体の一部に蕁麻疹が出たり、何となく口の中に違和感や不快感が見られた場合は保護者に報告をして、抗ヒスタミン薬を持っているなら服用させましょう。

 

中程度のアレルギー

全身に蕁麻疹やむくみといった皮膚症状のほかに、咳や腹痛といった多臓器の症状が出てきた場合は、抗ヒスタミン薬の服用、気管支拡張薬の服用、ステロイドの内服を行い、保護者を呼びましょう。

 

重度のアレルギー

息苦しいと言った呼吸困難を訴える、繰り返す嘔吐、ダルさや眠気と言った意識レベルの低下の前兆が見られる場合にはエピペン(アドレナリン)の注射をして、すぐに病院へ向かいましょう。

 

緊急

顔面が蒼白になり冷や汗をかいたり意識レベルが低下してボーっとしている時は直ちに救急車を呼びましょう。児童がエピペンを持っているなら迷わずに注射します。

 

処置後

薬の服用やエピペンを打って症状が治まったとしても油断は禁物です。薬の効果が切れた時に再びアレルギー発作が現れる可能性があるので、元気になったように見えても病院に連れていくようにしましょう。 

 

 

まとめ

食物アレルギーでアナフィラキシーショックを起こした時にできることはエピペン注射以外はありません。心臓マッサージや人工呼吸はエピペン注射が手遅れだった時に行う処置であり、アレルギー発作に対しては何の意味もありません。

エピペンの成分であるアドレナリンは人体に存在する成分なので、誤って打ってしまったとしてもそれほど重篤な副作用が出る事はありません。 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/22-365879.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

食物アレルギーの応急処置に使われるエピペンとは?

  食物アレルギーも含めて、アレルギーの急性症状のことをアナフィラキシーと呼ん...

食物アレルギーがあるなら薬を飲む時にも注意が必要です!

     薬の中には卵や牛乳の成分を含んでいて服用するとアレルギー反応を引き...


子どもがアレルギーでからかわれたらどうすればいいの?

  食物アレルギーの子がいくら増えたとは言ってもクラスの中ではやはり少数派です...

食物日誌をつけてアレルゲンを特定しよう!アレルギーへの対処法

食物アレルギーの最も有効な治療法はアレルゲンの除去です。どのアレルゲンによって...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る