カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 症状 >
  6. 食べた後に運動するとアレルギー症状が出る!

アレルギー

食べた後に運動するとアレルギー症状が出る!

 

 

食物アレルギーの中にはアレルゲンを食べただけでは症状が出ずに、食後に運動をする事によってアレルギー症状が出てくる事があります。

これを食物依存性運動誘発性アナフィラキシーと言います。

 

原因となるアレルゲンは?

最も食物依存性運動誘発性アナフィラキシーを起こす食材としては小麦があります。

小麦のタンパク質成分であるグルテンに含まれるωー5グリアジンにたいするIgE抗体が陽性である場合に反応が強く出る事が分かっています。

次いでエビ・カニもよく見られるアレルゲンの一つです。

その他のものとしてはピーナッツやそばなどがあります。

 

運動だけじゃない

運動以外にも非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)を服用する事によってもアレルギーが引き起こされることが分かっています。

中にはアレルゲンと運動、非ステロイド系消炎鎮痛薬の3つがそろって初めてアレルギーが起きる例もあります。

 

なんでなるの?

食物アレルギーの原因となるのは異物として認識される食品の中のタンパク質です。本来であればタンパク質はアミノ酸にまで分解されてから吸収されるのでアレルギーを起こす事はありません。

しかし、食物を摂取した後に運動をすると消化が十分にできず、タンパク質がアミノ酸まで分解されません。

するとアレルゲンであるタンパク質のまま吸収される事になりアレルギーを起こしてしまいます。

 

まとめ 

 食物依存性運動誘発性アナフィラキシーは特定のアレルゲンとその後の運動が組み合わされないとアレルギー症状が出てこないので、食物アレルギーだと気づかれないことも多々あります。

食後の運動でしばしば調子が悪くなるようなら、食物依存性運動誘発性アレルギーを疑って、食物日誌をつけてみるといいでしょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/09/24-027885.php?category=281)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

実は色々な症状がある!食物アレルギーの種類4つと遅発型・即時型アレルギー

食べ物を口に入れることで起こる食物アレルギーですが、牛乳や卵などの日常的に目...

それって本当にアレルギー症状?必ずしもアレルギーとは限りません!

    アレルギーだと思ってステロイドを塗ったら症状が増悪することがあります...


サバ寿司が原因で感染?!生食に潜む寄生虫とアレルギーについて

ここでは、サバを食べる際に知っておきたい3つの症状についてご説明したいと思い...

アレルギーが原因でアザができる?アレルギー性紫斑病

内出血は、ケガによって起こるものばかりではありません。アレルギーが原因で内出...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る