カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 蕁麻疹 >
  4. 蕁麻疹治療を確実に!薬での正しい治療法

アレルギー

蕁麻疹治療を確実に!薬での正しい治療法

 

蕁麻疹と聞くとアレルギーを想像する方が多いと思いますが、蕁麻疹患者の約数パーセントしか原因が特定できないのが現状です。
蕁麻疹発症患者のうちのほとんどが原因を特定できない特発性蕁麻疹なのです。
蕁麻疹は原因を特定することよりも、治療を最優先することが治療への近道なのです。
ここでは軽度の蕁麻疹を例にとって紹介したいと思います。

 

蕁麻疹の治りをよくするには?


・内服治療を早めに開始する
・医師の指示どおり正しく服用を続ける

 

慢性の蕁麻疹で悩む人は特に、これらの薬の正しい服用法を守ってもらいたいですね。
蕁麻疹の治療には主に抗アレルギー剤が使用されます。
薬が合っていれば、服用開始後数日で症状は消失します。
このように薬が効いていれば服用を中止してしまう方も多く見られますが、再発の恐れがあるので要注意です。


即効性の高い薬の場合は特に再発を起こしやすく、薬を中断後すぐに蕁麻疹が現れたりもします。
体の状態が元に戻るには数日かかるようです。長い人の場合は、蕁麻疹発症後3ヶ月程度服用を続けることもあります。

一見無意味にも思えますが、実は早期に治療を終了した人より再発率が低いデータがあります。
重症化、慢性化を防ぐためにも、自己判断での薬中断はしないようにしましょう。

 

抗アレルギー剤の副作用


抗アレルギー剤は第一世代抗アレルギー剤第二世代抗アレルギー剤の種類に分けられます。
第一世代抗アレルギー剤は経済的にリーズナブルですが、副作用である眠気やだるさが生じやすいのが特徴です。市販の薬はこの第一世代抗アレルギー剤が多いです。
第二世代抗アレルギー剤は、副作用がほとんどなく飲みやすい薬です。効果も変わりませんので、優れた薬ですね。

何度も起こる蕁麻疹で悩んでいる方・・・薬の飲み方を見直してみませんか?
薬について不安なことがあれば、医師や薬剤師へ相談しましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/05/22-362173.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蕁麻疹に関する記事

じんましんと乾癬の症状について

  皮膚のかゆみとして、最も典型的な症状の一つがじんましんです。じんましん...

お風呂に入ると体がかゆくなる…なぜ??

  冬は暖かいお風呂につかるのが気持ちいいですよね。でもなぜかつかっていると体が...


急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹

  蕁麻疹とは、強いかゆみを伴い、皮膚が赤く少しもりあがりって毛穴が広がった状...

寒い季節は要注意!温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹とは体温よりも温かいものに触れることで起こる蕁麻疹です。この温熱蕁麻...

カラダノートひろば

蕁麻疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る