カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 蕁麻疹 >
  4. 寒い季節は要注意!温熱蕁麻疹

アレルギー

寒い季節は要注意!温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹とは体温よりも温かいものに触れることで起こる蕁麻疹です。この温熱蕁麻疹は冬に多く発症します。

 

一度温熱蕁麻疹を発症してしまうと、お風呂や温風などの刺激でさえ蕁麻疹が発症してしまう原因ともなり、繰り返し、蕁麻疹に悩まされるという人もいます。

 

症状は、主に蚊が刺したときのような皮膚の赤味と軽い腫れ、強いかゆみを伴います。

 

温熱蕁麻疹の原因は身近にある!?

・コタツやヒーターなどの暖房器具

・お風呂

・カイロ

 

冬場私たちの体を温めるためのものが、蕁麻疹を引き起こしてしまうのです。特に気温が低い場所から高い場所へ移動した際でも、体の温まりで発疹が出現します。

 

発疹ができる原因は、ヒスタミンという物質が集中してしまうことです。体温の上昇や発汗が元でヒスタミンが分泌されてしまうので、入浴後や運動後、暖房器具のある部屋へ入ったあとは要注意です。

 

普通の蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違いは?

アレルギーが原因で発症する蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違いはあるのでしょうか?実はアレルギーが原因の蕁麻疹だったとしても、体の温まりでひどくなりますので、温熱蕁麻疹との違いはハッキリと分かりません。

 

温熱蕁麻疹と思っていた蕁麻疹が、実は食品アレルギーだったというケースも少なくありません。何が原因で蕁麻疹が起こっているのかは、普段の生活をじっくり観察する必要があります。

 

まずは蕁麻疹を繰り返す発症するようになったら、皮膚科を受診し、薬を処方してもらうことです。蕁麻疹を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン剤を服用することで、蕁麻疹は治まります。

 

痒みによってかきむしっていたりした場合は、症状を抑える塗り薬を処方してもらうこともできます。そして何よりも大事なのが原因を除去すること(控えること)です。

 

温熱蕁麻疹は急激な温度変化が発症のきっかけとなります。

 

対策

・ストーブに近づきすぎない

・お風呂を熱くしない

・コタツにはなるべく入らない

など、自分の症状に合わせて原因を除去すべきです。そして他の原因がないか生活をじっくり観察してみましょう。

 

食品によるものの場合、除去食を検討すべきですので、何をしたとき(食べたとき)に蕁麻疹が出たかを記録しておくとよいでしょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蕁麻疹に関する記事

皮膚に発疹ができてかゆい…じんましん!その種類と原因は?

じんましんは、発疹とかゆみを伴う皮膚の病気です。じんましんが出ると途端に熱を持...

お風呂に入ると体がかゆくなる…なぜ??

  冬は暖かいお風呂につかるのが気持ちいいですよね。でもなぜかつかっていると体が...


寒冷蕁麻疹になりやすい人は、アナフィラキシーショックに要注意!

寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)とは、一般的に冷たい空気や物に触れることで起...

蕁麻疹予防のための心構え4つ

  蕁麻疹の原因になるものは100種類以上もあるとされており、診察しただけでは...

カラダノートひろば

蕁麻疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る