カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 蕁麻疹 >
  4. こんな人は温熱蕁麻疹になりやすい!?当てはまる人は冬に注意!

アレルギー

こんな人は温熱蕁麻疹になりやすい!?当てはまる人は冬に注意!

冬場は皮膚と外気温の温度差が激しい時期です。しかも冬は、湿度が低いため乾燥していて肌が荒れています肌が敏感になっている時期だからこそ、蕁麻疹になりやすい体質の人は注意が必要です。

 

冬に多い温熱蕁麻疹ですが、どのような状況で起こるのでしょうか?

 

温熱蕁麻疹が起こりやすい状況

・カイロやストーブなど特定の場所が急激に暖まる場合

・外気温がとても低い日、一気に暖かい部屋へ移動した場合

・冷えたからだで、熱いお風呂に入った場合

・温かい飲み物を飲んだとき

・急激に体が暖まる運動をした場合

 

なりやすい人はこんな人!

・血行不良

・寒がり

・痩せている

・敏感肌

・乾燥肌

 

冬場は体の乾燥の刺激と温熱の刺激で、蕁麻疹を発症しやすくなります。冬場は少し辛いですが、体を急激に温めるという行為は控えるべきです。

 

一度できてしまった蕁麻疹を治めるには、抗ヒスタミン剤の服用か患部を冷やすことです。しかし冬場に体を冷やすことは避けたいので、抗ヒスタミン剤を病院で処方してもらうほうが良いでしょう。

 

特に外で繰り返し蕁麻疹を起こすようになると、ストレスによって更に悪化することがあります。薬に頼って治療をしましょう。

 

抗ヒスタミン剤を飲むときの注意点

そもそも蕁麻疹はヒスタミンという物質が関わり、寒さや暑さ、アレルゲンとなる食品などの原因により、皮膚の細胞からヒスタミンが分泌されます。このヒスタミンは神経を刺激するため、皮膚のかゆみや痛み、腫れなどを引き起こします。

 

そういうときはヒスタミンの分泌を抑制する抗ヒスタミン薬の出番です。抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを低下させます。

 

しかし抗ヒスタミン薬を飲むときの注意点として、自己判断での投薬を中止しない・自己判断で量を減らさないようにしましょう。自己判断での投薬中止や減量は、再発しやすい状態へとなる恐れがあります。

 

抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気がきたりします。そのせいで投薬を中止したり減量をしたりしているようです。

 

眠気が辛い場合や仕事で飲めない場合は、眠気の副作用の少ないタイプの薬もありますので医師へ相談しましょう。

 

温熱蕁麻疹の人は、冬場が最も辛い時期です。薬とうまく付き合い、血行不良などの体質を改善することで蕁麻疹が出ないようにしましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蕁麻疹に関する記事

知っていますか?薬で起きる蕁麻疹の危険!

薬剤によっておこる皮膚の病変を一般的には薬疹と呼ばれます。そして薬疹のうち蕁...

子供がよくなるコリン性蕁麻疹。知っておきたい症状&治療法をご紹介

汗が原因のコリン性蕁麻疹。とは言っても生理現象で汗は出るため接触を避けように...


『コリン性蕁麻疹』薬の治療以外にもできることが!生活改善で「なりにくい体質」

蕁麻疹は、種類によって原因が違います。アレルギー性蕁麻疹・非アレルギー性蕁麻...

原因が分からない蕁麻疹…もしかして心因性蕁麻疹ではありませんか?

    検査をしても蕁麻疹の原因が特定できない・・・突如発症する蕁麻疹・...

カラダノートひろば

蕁麻疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る