カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 蕁麻疹 >
  4. 『コリン性蕁麻疹』薬の治療以外にもできることが!生活改善で「なりにくい体質」

アレルギー

『コリン性蕁麻疹』薬の治療以外にもできることが!生活改善で「なりにくい体質」

蕁麻疹は、種類によって原因が違います。アレルギー性蕁麻疹・非アレルギー性蕁麻疹・心因性の蕁麻疹・コリン性蕁麻疹などです。

食品や金属などの物質で起こる蕁麻疹は、原因となる対象物を除去することで発症を食い止めることができます。

 

しかし、コリン性蕁麻疹は私たちの意思とは無関係に交感神経と深い関係があるため発症を食い止めることは難しく、数多くの人がこの病気で苦しんでいます。

 

コリン性蕁麻疹とは

コリン性蕁麻疹とは、主に汗や体温の上昇が原因で、交感神経からアセチルコリンという物質が分泌されることで起こります。

私たちは生きていくうえで汗をかかない・体温を上昇させないというのはほぼ不可能です。だからこそ、このコリン性蕁麻疹で悩んでいる人が多いのです。

 

コリン性蕁麻疹の治療 

抗ヒスタミン剤によってかゆみや痛みを抑える方法はありますが、確実に治療のできる方法はまだ解明されていません。

体質的なもので30才を過ぎれば症状は緩和していくと言われています。

薬だけでなく、生活を改善することも併せて蕁麻疹を抑制するほうが早く症状が落ち着くかもしれません。

 

コリン性蕁麻疹の薬以外にできること

コリン性のみならず、全ての蕁麻疹に共通してえる予防法です。

治療という観点からではなく、なりにくい体質を作るという程度ですので、蕁麻疹がひどい場合はまず病院を受診することをオススメします。

 

1.生活リズムを整える

日常生活での摂生が大事となります。不摂生をすると免疫力も低下してしまいます。発症する確率を低くするためにも規則正しい生活を心がけましょう。

 

2.休養と睡眠

疲労を溜める・睡眠不足は避けましょう。

特に夕方に蕁麻疹がひどくなる場合は、疲労や睡眠不足によってひどくなっていることが多いです。

 

3.腸内環境の改善

暴飲暴食は避け、便秘や下痢などの胃腸障害を起さないようにしましょう。

 

4.ヒスタミンを多く含む食品を制限

ヒスタミンは蕁麻疹を発症した際に分泌されるもので痒みの原因です。

そんなヒスタミンは食品にも含まれていますので、蕁麻疹体質の人はなるべく避けましょう。

ヒスタミンを含む食品・・・ほうれん草、なす、トマト、牛肉、鶏肉、えのき

他にもコリン性蕁麻疹の原因アセチルコリンも食品に含まれていますので、ヒスタミンと同様に避けたほうが良いでしょう。

 

アセチルコリンを含む食品・・・トマト、ナス、タケノコ、ピーナッツ、山芋、、里芋、そば、まつたけ

 

5.皮膚を大事に

皮膚への圧迫や刺激、乾燥は避けましょう。

 

6.皮膚は清潔に保ちましょう

体が温まって汗をかいて起きるコリン性蕁麻疹はお風呂に入って発症することが多いです。そういうときはお風呂に浸かることは避けたほうが良いですが、皮膚を清潔に保たなければなりません。

 

7.局所的な体温の上昇を避ける

コタツやストーブは局所的に温めるために、蕁麻疹ができやすい状況になります。

 

8.ストレスを溜め込まない

精神的な負荷は蕁麻疹を悪化させます。

 

身の回りにできることから蕁麻疹予防を始めましょう! 

(Photo by: //www.photo-ac.com/) 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蕁麻疹に関する記事

急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹

  蕁麻疹とは、強いかゆみを伴い、皮膚が赤く少しもりあがりって毛穴が広がった状...

皮膚に発疹ができてかゆい…じんましん!その種類と原因は?

じんましんは、発疹とかゆみを伴う皮膚の病気です。じんましんが出ると途端に熱を持...


これって蕁麻疹?食品アレルギーの蕁麻疹とは?

現代人はアレルギーで悩んでいる人がとても多いと思います。アレルギー性鼻炎やア...

激しい温度変化が蕁麻疹を引き起こす…冬に多い蕁麻疹!寒冷蕁麻疹って何?

アレルギーによって起こる蕁麻疹は知っている人も多いはずです。 主に食品やハ...

カラダノートひろば

蕁麻疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る