カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 充血 >
  5. 目の充血の原因とその仕組みって何?

気になる病気・症状

目の充血の原因とその仕組みって何?

鏡を見てみると目が充血している…いつの間に?という経験は多くの方がされていることかと思います。こちらではその目の充血の原因や仕組みをご紹介いたしますので、興味のある方は是非ご覧になってくださいね。

まず、充血の原因は、外部からの刺激や病気による炎症や、目の酷使による疲労などが考えられます。

 

眼の炎症

(1)外部からの刺激

・不意にゴミが目に入った

・コンタクトレンズの調子が悪い

・野外活動で長時間紫外線を浴びた

・目を強くこすった

・プールで遊んだ(消毒用塩素による刺激)

 

以上のようなことに心当たりはありませんか?

これらは十分目に負担や刺激を与える原因となります。

 

(2)病気

上記のような負担や疲労による目の充血は自然と治りますが、なかなか充血が治らない場合は、

・アレルギー性結膜炎(花粉症)

・感染性結膜炎

・ドライアイ

・ぶどう膜炎

 

といった病気が炎症による充血を引き起こされているとも考えられます。

 

目の疲れ

・パソコンなどの画面を長時間見続けている

・寝不足が続いている

 

というふうに、目を酷使する環境にいたり、目を十分に休ませていなかったりすると、充血が現れる場合があります。

 

次に充血の仕組みについてご紹介します。

 

充血の仕組み

そもそも充血とは、眼の炎症や疲労などが原因となり目の血管が膨張した状態のことをさします。普段は目の血管というものは細いので外から見えないのですが、血管が膨らんでしまうと目立つようになり、眼の表面が赤く見えるというわけです。

(1)目の炎症が原因の場合

目に入ったゴミやアレルギー物質、そして細菌から刺激を受けたりすると、結膜が異物を排除しようとして炎症反応が生じ、その反応の1つとして目の血管の膨張が挙げられます。

 

(2)目の疲れが原因の場合

目も他の体の組織と同じように疲れてくるに伴って、その分回復しようと酸素や栄養素を多く必要とします。そのため、酸素や栄養素を多く運搬しようとして目の血流量が増えることで血管が膨らみます。

 

また、お酒を呑んだ時にも目は充血します。

アルコールには、血管を太くして血流量を増やす働きがありますので、お酒を呑むと目の血管も広がり充血が起こるというわけです。

 

以上が目の充血の原因と仕組みです。

目の充血に悩まされている方は、一度これらの原因や仕組みを取り除いてみるのもいいかもしれませんね。

 

「アレルギー」で人気の記事はこちら

●かゆくて我慢できない、アレルギー性結膜炎!白目の腫れを緩和するために

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

充血に関する記事

目の充血を解消する4つのツボ

  目の充血がそれほどひどくない場合には病院へ行かずに自分で治すという方法もあ...

目が赤くなるのは充血と出血が原因

目が赤くなる症状が出るのは目の充血がほとんどですが、時には目の血管から出血し...


目の充血から疑うべき病気とは?目の充血は病気のシグナル!目が充血している方は注意!

  目の充血は様々な病気のシグナルです。 こちらでは充血が症状として見られる病...

失明の危険性!?カラーコンタクトを着用する上で知っておきたい注意点

瞳を大きく見せる効果のある「カラーコンタクトレンズ」。量販店やネット通販で気軽...

カラダノートひろば

充血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る