カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 治療 >
  5. アレルギーが鼻ポリープ(鼻茸)の原因に?!侮ってはいけなアレルギー!

アレルギー

アレルギーが鼻ポリープ(鼻茸)の原因に?!侮ってはいけなアレルギー!

鼻ポリープの原因は必ずしもひとつではなく、詳しい原因についてはまだわからない部分も多いです。ただ、鼻ポリープの原因のひとつと考えられるものにアレルギーがあります。

 

アレルギーがどうして鼻ポリープと関係しているのか、アレルギーだと鼻ポリープになりやすい理由や仕組みは何なのかを見てみましょう。

 

●アレルギーと鼻ポリープの関係

アレルギーの人が鼻ポリープになりやすい背景には炎症細胞の集合があるのではないかと言われています。アレルギーでは原因物質が外から入り込むことによってくしゃみや咳が出るのが一般的です。

 

アレルギーによって粘膜が刺激されると炎症細胞が集まり、炎症細胞が今度は粘膜に作用することで粘膜の一部の血管が拡張します。血管が拡張すると鼻の粘膜内部は盛り上がったようになり、最終的には鼻ポリープが出来るという仕組みです。

 

●特に注意したいのはアスピリン喘息

アスピリン喘息はアスピリン過敏、喘息、鼻ポリープを含む副鼻腔炎を3つの特徴として挙げているくらい鼻ポリープとの距離が近い病気です。実際に10人いれば4人のアスピリン喘息患者が副鼻腔炎を引き起こしていると言われています。

 

アスピリンは薬の一種で市販薬に含まれていることもあるので、アスピリン喘息の患者さんは市販薬の服用が不可能な場合が多いです。また、服用できたとしてもごく一部の薬に限られ、万一アスピリンを多く含む市販薬を服用した場合は重篤な発作で死に至る可能性もあります。

 

●鼻に異常を感じたら病院へ

アスピリン喘息持ちの方やアレルギー性鼻炎持ちの方などは普段から鼻が詰まっていることが多いので鼻の異常があっても放っておくという場合もあるようです。ですが鼻ポリープは軽症なら日帰りで治療できますし、早めに治療することが大切です。

もしも鼻に何らかの異常を感じた場合は早めに耳鼻科を受診しましょう。

 

アレルギーと鼻ポリープを結び付けているのは炎症細胞の集合と言われています。炎症細胞が粘膜を刺激することによって鼻ポリープが出来るので炎症細胞が集まりやすいアレルギー性の病気の患者は鼻ポリープにもなりやすいようです。

 

特にアスピリン喘息の患者はその4割が一度は鼻ポリープを併発する副鼻腔炎になると言われているので十分な注意が必要です。 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

鼻茸の最新治療機器「マイクロデブリッター」とは?

鼻茸(鼻ポリープ)の最新治療機器「マイクロデブリッター」とは? 鼻茸という病気...

東洋医学におけるアレルギーってどんなもの?「医食同源」を基盤にアレルギー症状を改善!

  西洋医学におけるアレルギーとは、ズバリ「免疫異常」なのですが、漢方すな...


鼻ポリープ(鼻茸)の治療に使われるステロイド薬についてまとめ

  鼻ポリープの治療では治療薬での治療、そして手術治療があります。鼻ポリープに...

体に優しいアレルギーの治療法、自己治療法…自己治療のはじめどき・終わりどきって?

    アレルギーに対する病院以外での治療には、漢方治療、自然療法、民間...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る