カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 治療 >
  5. 鼻ポリープ(鼻茸)の治療に使われるステロイド薬についてまとめ

アレルギー

鼻ポリープ(鼻茸)の治療に使われるステロイド薬についてまとめ

 

鼻ポリープの治療では治療薬での治療、そして手術治療があります。鼻ポリープになりやすい人としてアレルギー体質の人、アスピリン喘息の人がいますがもともとアレルギーや喘息を持っている場合には抗アレルギー薬やステロイド薬での治療が行われることもあります。

アレルギーや喘息を抑えることで炎症細胞が粘膜に影響するのを抑えて鼻ポリープを大きくする危険性も減らせるからです。

 

●ステロイド点鼻薬は使用頻度が高い

アレルギー性鼻炎、アスピリン喘息などでなおかつ鼻ポリープも併発している場合にはステロイド点鼻薬を使うことが多いようです。点鼻薬という名前の通り、鼻に直接入れるタイプの薬です。

ステロイドと聞くとアレルギー性皮膚炎などの治療に使われるものというイメージを持っている方もいるかもしれません。

ステロイドとはホルモンの一種のことで、炎症を抑える作用とアレルギーを抑える作用があることからアレルギー性の病気やアレルギー性喘息などには欠かせない薬とも言われています。

ステロイド点鼻薬は1日1回もしくは医師の判断によって1日数回鼻に入れます。粉末タイプと液体タイプがあり、慣れれば数分で終わるので一般的な薬の服用と大きな違いはありません。

 

●ステロイドって副作用がひどいんじゃないの?

ステロイドは副作用が怖いという話を聞いたことのある方もいると思いますが、主に注意すべきとされているのは外用剤のほうです。アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの時に使われるステロイド外用剤はものによっては全身の副作用を出す可能性もあります。

ですが鼻ポリープとアレルギーを併発しているときに使われるステロイド点鼻薬の場合はほとんど副作用の心配は要りません。ただ、鼻に薬を入れるので最初のうちは鼻がかゆくなったり、間違って粘膜を傷つけて鼻血が出ることがあります。

いつまでも副作用が続くようであれば、もしくは鼻血が止まらないなど別の症状がみられるようであれば病院へ相談してください。

 

アレルギーと鼻ポリープを併発している場合によく用いられる薬がステロイド点鼻薬です。ステロイド点鼻薬はほとんど副作用のない安全な薬として知られています。

正しく使って辛い症状を乗り切りましょう!

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025137.php]) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

根本治療ではない?対症療法としての抗アレルギー剤について

アレルギー症状の対症療法として用いられているのが、抗アレルギー剤です。●アレルギ...

アレルギーが鼻ポリープ(鼻茸)の原因に?!侮ってはいけなアレルギー!

鼻ポリープの原因は必ずしもひとつではなく、詳しい原因についてはまだわからない...


『LPS(リポ多糖)』でアレルギー体質は根本的に改善できる!

  従来のアレルギー療法と新たな療法(LPS療法)とは?   Ⅰ型アレ...

鼻茸の最新治療機器「マイクロデブリッター」とは?

鼻茸(鼻ポリープ)の最新治療機器「マイクロデブリッター」とは? 鼻茸という病気...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る