カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 鼻茸(鼻ポリープ) >
  5. 鼻ポリープは切除手術を受けても術後治療が必要!

気になる病気・症状

鼻ポリープは切除手術を受けても術後治療が必要!

鼻ポリープはある日突然ぽろっと取れたり、消失するというタイプのものではありません。鼻ポリープがあって日常生活に困っているなら、手術を受けたり治療薬で治療する必要があるのです。

 

鼻ポリープの手術ではさまざまな機器が使われますが、共通しているのは鼻ポリープを切除するということです。鼻ポリープそのものを取ってしまえば、鼻汁や後鼻漏などの症状もなくなり、普段通りに生活できるようになります。

 

●鼻ポリープの手術は短い時間でできる

鼻ポリープの切除の為の時間自体はとても短く、両方の鼻のポリープを切除した場合でも長くて2時間程度と言われています。そのため、鼻ポリープの手術は日帰り手術でも可能というのが特徴です。

 

ただ、鼻ポリープの大きさや鼻ポリープの出来ている場所、本人のもともとの体質や出血が多くなると予測される場合は、入院での手術を勧められることもあります。

 

●鼻ポリープ切除の術後治療と通院

鼻ポリープを切除すれば、鼻ポリープによって出ていた症状はなくなりますが、切除してその後一度も病院で治療を受けなくてよいということではありません。鼻ポリープを切除しても、治療のために病院に行きます。

 

病院で行われる鼻ポリープの切除後の治療としては、まず鼻の清掃があります。手術後の鼻は外から入ってきたほこりなども溜まりやすいので、清掃を術後1-2週間のうち何回か行います。

 

その他には内服薬での治療を採用している病院もあります。内服薬での治療は鼻の清掃治療よりも更に長く、1か月程度行うので、鼻ポリープ切除から最低でも1か月は病院に何回か行くと想定してください。

 

●鼻ポリープには再発の危険性も

鼻ポリープは一度取ると二度とできないわけではなく、むしろ再発の危険性もある病気です。アレルギー体質の方、アスピリン喘息の方は何回か鼻ポリープを体験することもありますし、人によっては鼻ポリープが一度に何個も出来ることもあります。

 

鼻の調子がまたおかしくなってきたなと思ったら、耳鼻科で再び治療を受けてください。

 

鼻ポリープの切除手術は短ければ日帰りで、長くても2-3日の入院で出来るケースがほとんどです。ただ、切除したあとにも治療は必要で、例えば鼻の清掃治療や内服薬の服用があります。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鼻茸(鼻ポリープ)に関する記事

鼻茸が生み出すロイコトリエンと喘息の関係性

  鼻茸(鼻ポリープ)の症状は主に鼻に現れますが鼻だけに症状が現れるわけではあ...

鼻ポリープの手術費用と時間はどのくらい?

  鼻ポリープの手術は切除手術で、手術を行うことで鼻呼吸をしっかり出来るよ...


市販薬は逆効果?鼻茸のなぞ

鼻がつまるなあ、と市販の点鼻薬を使っていませんか?実は鼻茸の場合は市販の点鼻...

鼻ポリープ(鼻茸)と悪性腫瘍!…これらを見わけるには?!

鼻ポリープは、鼻にできる”できもの”です。 体にできるものといえば、もっと...

カラダノートひろば

鼻茸(鼻ポリープ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る