カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ものもらい >
  5. 目の腫れを引き起こす病気って何?~流行性角結膜炎、ものもらい、眼瞼炎、涙嚢炎~

気になる病気・症状

目の腫れを引き起こす病気って何?~流行性角結膜炎、ものもらい、眼瞼炎、涙嚢炎~

 

気になる目の症状には様々なものがあります。こちらでは、「目の腫れ」を引き起こす病気の一部をご紹介いたしますので、興味のある方は是非ご覧になって下さいね。

 

 

◆流行性角結膜炎(はやり目)

はやり目こと流行性角結膜炎は、アデノウイルスによる感染症です。感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後に、まぶたの腫れの他にも、サラサラした目やにが出る、涙が出る、まぶしいといった症状が現れ、結膜はむくみ、充血が見られるようになります。

 

そして発症して1週間ほどが経ちますと、角膜に点状の濁りが現れることがあり、耳前リンパ節の腫れ・圧痛といった目以外の症状が現れるのも特徴的です。

 

発症は夏に多く、1~5歳が中心の小児に多いとされていますが、成人の方でもなることがありますので、幅広い年齢の方がかかる病気の1つです。

 

 

◆麦粒腫(ものもらい)

目の縁に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌と言った細菌が感染することで生じる病気がものもらい(麦粒腫)になります。まぶたの一部が赤く腫れ、ズキズキする痛みを伴ったり、抑えると痛むのが特徴です。

 

ものもらいができると、最初はまぶたに部分的な赤みが見られ、この時点では痛みは少なく、軽い痒みを伴う程度のことが多いです。しかし、症状が進行するにつれて、炎症の症状(赤み、腫れ、痛み…など)が強く現れるようになりますが、その後膿んだ部分が自然に破裂し膿が出さえすれば、症状が治まり自然と回復に向かいます。

 

 

◆眼瞼炎(がんけんえん)

まつ毛の根元の部分(まぶたの縁)の炎症を眼瞼炎といいますが、広義では、まぶた全体の炎症や皮膚炎も眼瞼炎に含まれることがあります。細菌やウイルスが原因の感染性のものと、アレルギー反応などによる感染が原因でないものがあり、前者の感染性眼瞼炎の代表例として先程述べました麦粒腫(ものもらい)が挙げられます。

 

 

◆涙嚢炎(るいのうえん)

鼻への涙の流れが滞り、細菌などが涙の通り道である涙嚢の中で繁殖し、炎症が起こる病気のことを涙嚢炎といいます。涙や目やには多くなり、涙嚢を押すと涙点から膿が出てくるのが特徴で、症状が悪化すると涙嚢の周囲まで炎症が広がり、涙嚢の部分の皮膚が赤く腫れ、痛みを伴うようになります。

炎症が涙嚢の周囲まで広がってしまった場合は、内服や注射の抗菌薬を全身投与したり、針を刺して膿を出してしまうこともあります。

 

以上が目が腫れるという症状を伴う目の病気の一部です。これらの他にも目が腫れる病気は様々ありますから、自己判断での治療を行うのではなく、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/04/28-001850.php?category=50])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ものもらいに関する記事

まぶたが腫れている!これって「ものもらい」?

  全国的に様々な呼び方がある「ものもらい」。主に目が痒い、まぶたが腫れる...

ものもらいってうつるの?うつる目の病気は何?はやり目とは?

子どもの頃「ものもらい」になると、「人にうつしてしまうから外で遊んじゃだめよ?...


目にできもの?~麦粒腫と霰粒腫の違いとは~

  目にできものができると「ものもらいかな?」と思われる方が多いのではない...

目がかゆい!薬局で売ってる目薬の種類と成分

  日本OTC医薬品協会によると、目薬は、大衆薬(OTC薬)と眼科医が処方...

カラダノートひろば

ものもらいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る