カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. どうしても月経をずらしたい時は?

女性のカラダの悩み

どうしても月経をずらしたい時は?

a0006_001790.jpg


旅行や結婚式、試験など、大きなイベントと月経が重なるのは非常に憂鬱ですよね。

どうしても月経とぶつかりたくないときは、ピルで調整する方法があります。


■時間がないときは中用量ピルを

ピルは、エストロゲンプロゲステロンを含んだ錠剤で、避妊薬として有名です。

ホルモンのバランスを整え、月経周期を整えることで、月経のトラブルを和らげることもできます。

成分の量によって、低用量、中用量、高用量に分かれています。

もし、イベントまで1ヶ月を切っていたら、成分の多い中用量ピルで月経をずらします。

ただし、最低でも一週間前に飲み始めることが必要です。

中用量ピルは成分が多い分、体の変調も大きく、副作用としてだるさや吐き気、頭痛などに見舞われることもあります。


■月経痛やPMSにも!

低用量ピルは副作用がほとんど無く、長期的に飲むことで月経痛やPMS(月経前症候群)の治療にも効果的です。

約1~3ヶ月かけて女性ホルモンが安定するので、イベントまで1~2ヶ月余裕がある場合は低用量ピルを使うことをおすすめします。


■基礎体温表をつけると便利

基礎体温表をつけておくことで、自分の月経周期を把握することができます。

そうすることで、月経期間に当たらないようにイベントの予定を入れることもできます。

ひと目で月経の様子がわかるので、ピル治療をはじめるときも役に立つでしょう。



(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php )


著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

こんなことにも効果が?ピルの避妊以外の効果

  ピルは生理周期の改善や避妊の効果を目的として飲む方が多いと思います。生理不...

72時間以内が重要!緊急避妊薬アフターピルの用法

  ピルは避妊、生理不順や子宮内膜症の治療に用いるものが一般的です。それと...


ピルにはどんな種類があるの?

  避妊と月経周期調整のために服用するのがピルですが、ピルにはいくつかの種類が...

血栓症は『グルコサミン』で予防できる?!低用量ピルの副作用について

低用量ピルといえば、避妊薬以外の副効果として『月経困難症・多嚢胞性卵巣症候群・...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る