カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 男性の性病(STD) >
  5. 女性のコンジローマの症状を男性が見つけたらすること

男性のカラダの悩み

女性のコンジローマの症状を男性が見つけたらすること

 

コンジローマは性感染症のひとつで、その感染率は決して低くはありません。

コンジローマを持っている方と性行為をすると最低でも6割程度の確率で感染することもわかっていますのでパートナーと性行為をする場合はお互いに注意が必要です。

 

●女性のコンジローマに男性が気づくことも

女性のコンジローマが出来やすい部分は大陰唇、小陰唇、膣内部と言われています。コンジローマは膣炎などを伴わないとかゆみを伴わないことも多いので女性自身は気づかないことも多いようです。

男性が性行為において大陰唇、小陰唇、膣内部などを触った時にいぼのようなものがあればコンジローマの可能性もあるのでパートナーに告げてください。

いぼから考えられる病気はコンジローマ以外にもあり、がんの可能性も否定はできません。

 

●パートナーのコンジローマを発見したら

パートナーのコンジローマを性行為中に発見したらまずは性行為を中止するのが先決です。性感染症ですので感染の可能性も高く、いったん性行為を中止してパートナーにいぼを見つけたことを伝えましょう。

女性の場合はコンジローマ及びその他の性病の治療は婦人科で行うのが一般的です。通っている婦人科があるならそこへ、現在婦人科を受診していないのであれば婦人科を一緒に探してあげましょう。

 

男性の婦人科への同伴はOKという病院もあれば控えてほしいという病院もありますので病院に確認して付添いするかどうか決めてください。また、女性の膣内にコンジローマを発見したら自分自身が性病に関する検査を受けることも大切です。

コンジローマには潜伏期間があるので、自覚症状は無くても、すでにコンジローマに感染している恐れがあります。

 

女性のコンジローマは膣内や大陰唇、小陰唇に出来ることが多く、性行為中に男性が発見することもあります。

もしも女性のコンジローマと思しきいぼを発見したらパートナーに婦人科を受診するように勧めてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/24-375313.php]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性の性病(STD)に関する記事

男性のコンジローマ完治の判断が難しい理由とは?

  性器にいぼが出来る病気であるコンジローマは感染率の高い病気でもあります。コ...

性病は感染力が弱いって本当?

  AIDSや淋病、梅毒など性病は一度感染が広がれば、爆発的に感染が広がり...


無症状の場合も!性器クラミジア感染症による症状

  性器クラミジア感染症という性感染症は、成人であれば誰もが耳にし、憶えて...

妊娠中のパートナーのコンジローマ治療と心のケア

性感染症というのは性行為がある時点でいつかかるかわからない病気です。究極の予防...

カラダノートひろば

男性の性病(STD)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る