カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 尖圭コンジローマ(HPV) >
  6. ブツブツができる!尖圭コンジローマの女性が知っておきたいリスク

女性のカラダの悩み

ブツブツができる!尖圭コンジローマの女性が知っておきたいリスク

コンジローマは症状を伴わないことも多く、放置してしまう人も多い病気と言われています。そもそもコンジローマに気づかないまま過ごしてしまったという体験談もあるのです。

人によってはかゆみがありますが痛みもかゆみもまったくないという方もおり、静かに進行していくタイプの病気といえるでしょう。また、コンジローマ自体は進行しても命に係わるケースはまれです。

 

●コンジローマと子宮頸がん

コンジローマ自体は命にかかわらない病気ですが、実はコンジローマの女性は子宮頸がんのリスクが高くなりがちということがわかっています。コンジローマの原因ウイルスと子宮頸がんの原因ウイルスは同じです。

ヒトパピローマウイルスというもので100種類以上ある中で数種類がコンジローマを、別の数種類が子宮頸がんを引き起こしていると言われています。子宮頸がんに関係しているのはヒトパピローマウイルス16型と18型が多いです。

コンジローマと子宮頸がんの原因ウイルスは同じ名前で型が違うものの、同時感染の可能性があるため、リスク要因とされているのです。

 

●ヒトパピローマウイルス感染でもがん進行はまれ

万一ヒトパピローマウイルスに感染したとしてもがんに進行する例はそれほど多くはありません。一般的に子宮頚部にヒトパピローマウイルス感染が見られた場合でも90%以上は自然治癒すると考えられています。

ただし、必ず自然治癒というわけではなくがんに進行する例もありますし、若ければそれだけがん細胞の広がりも活発化するので注意が必要です。

 

●コンジローマにかかった時は高リスクタイプの検査も

女性がコンジローマにかかった時には低リスクタイプと呼ばれるコンジローマの原因のヒトパピローマウイルスの検査と高リスクタイプと呼ばれる子宮頸がんの原因のヒトパピローマウイルスの検査の両方を受けておくことをお勧めします。

その他に子宮頸がんを始めとした女性のがんの定期検診も早いうちから受けておきましょう。

 

女性がコンジローマに感染するときに、同時に子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルスに感染する可能性はゼロではありません。

コンジローマの検査を行う時は子宮頸がんの原因である高リスクタイプのヒトパピローマウイルスの検査も行ってもらうとよいでしょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/06-357059.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尖圭コンジローマ(HPV)に関する記事

尖圭コンジローマと間違えられやすい病気「フォアダイス」!

  尖圭コンジローマは、陰部にブツブツができることで発見される性感染症です...

コンジローマ完治の判断までの期間はどれくらいかかる??

症状はないものの気を付けたい病気のひとつがコンジローマという病気です。コンジ...


コンジローマが完治すれば妊娠は可能?それとも難しい?

性感染症や性器の病気にかかった時に気になることは妊娠・出産への影響はあるのかど...

もしかして尖圭コンジローマ発症した時に出る女性特有の症状とは

コンジローマは、尖圭コンジローマという名前です。 コンジロームと呼ばれるこ...

カラダノートひろば

尖圭コンジローマ(HPV)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る