カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

生理中の痒みへのケア

a0002_006306.jpg



デリケートゾーンの悩みはなかなか人に打ち明けられないものです。痒い時はどのように対処したら良いのでしょうか。
 
 

■痒いからといって掻くのはNG 

ナプキンなど生理用品のムレが原因で痒みが起こっていると、つい掻きむしったり、ゴシゴシとこすり洗いしたりしたくなります。ですが、デリケートゾーンは皮膚の角層が薄く、掻くとすぐに傷ついてしまいます
その傷口から細菌感染して、炎症を起こすと、かゆみが増し、ただれてしまうこともあります。しかも、掻いた一瞬は痒みが引くのですが、その後かえって血流が良くなり、痒みが倍増してしまいます。
 
 

■痒みには冷やすのが一番! 

痒みがあるときは、患部を冷やすのが一番です。 
保冷剤をハンカチなどで巻いて下着の上から患部を冷やし、血行を悪くすることによって、痒みが引いていきます。
 
逆に、お風呂に入ったり、お酒を飲んだり、辛いものを食べたりすると、血流が良くなり痒みがあらわれることがあります。
 
 

■患部を冷やせないときは?

オフィスなどで患部を冷やすことができないときは、足の甲に保冷剤を載せるだけでも構いません。足の甲を冷やすと下半身が冷えていくので、痒みが和らぎます。
深呼吸をして自律神経を整えるのもおすすめです。
心身の緊張がほぐれてリラックスでき、痒みが軽減します。
 
 

■痒みを抑えるための工夫

その他にも、締め付け効果のあるガードルやストッキングはムレの元になるので避けたほうが無難です。また、経血が気になるからといって温水洗浄で念入りに洗いすぎてはいけません。
デリケートゾーンを拭くときは、トイレットペーパーをよく揉みほぐして、柔らかくしてから使うと良いでしょう。
 
 
 
(Photo by //www.ashinari.com/2012/01/03-355531.php )
 

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ムレ・かゆみに関する記事

なぜ使い捨てナプキンはかぶれやすいの?長時間ナプキンを交換できない時の生理用品の選び方

生理用品で多いトラブルといえば、”かぶれ、かゆみ”ではないでしょうか。 生理用...

生理中にかゆみの原因となるムレ、どう対策する?

生理のときの不快な悩みといえば「ムレ」。我慢してそのままにしておくと、かゆみ...


気をつけるべき接触性皮膚炎

  生理中の陰部は不快なことが多くあります。陰部はデリケートゾーンと言うことも...

生理のときに気になるかゆみのセルフケア方法は?

  生理のたびにムレやこすれが原因で起こるデリケートラインのかゆみ。さまざ...

カラダノートひろば

ムレ・かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る