カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. アニサキス症ってなに?具体的な症状と予防について

気になる病気・症状

アニサキス症ってなに?具体的な症状と予防について

「アニサキス」をご存じですか?サバやアジなどの、魚介類に寄生する寄生虫です。アニサキスは、本来人間の体内に生息することはありません。しかし近年、アニサキスによる食中毒があとを絶ちません。

 

アニサキスは、私たちの体の中では1週間以上生きることは不可能です。では、なぜアニサキスによる食中毒が起きるのでしょうか?それは、魚介類を食べる習慣があるからです。とくに日本人は生で魚介類を食すため、発症確率が上がります。

 

ここでは、アニサキス症の症状について解説していきます!

 

アニサキス症の具体的な症状

アニサキス症の特徴は、激しい腹痛と吐き気です。

生きたアニサキスが体内に入り込み、胃や腸の中で暴れることで起こります。比較的、軽い症状の場合、駆除することで症状は治まります。

怖いのが腸管外に出てしまい、臓器へ侵入することです。胃や腸の壁を食い破ることで、突然の激しい痛みになります。

 

駆除した場合でも、アニサキス抗原によってアレルギー反応が出ることもあるため、アニサキスに感染した魚介類は絶対食べないようにしなければなりません。

 

場所によって症状が異なる「アニサキス症」 

1.胃アニサキス症

胃にアニサキスが進入することで起こります。

原因食品摂取後2時間から8時間で発症し、締め付けられるような激しい痛みがあります。

嘔吐を伴い、下痢や蕁麻疹、大量吐血をすることもあります。

 

2.腸アニサキス症

腸にアニサキスが進入することで起こります。

原因食品の摂取後、数時間から数日後に痛みにおそわれます。

へそ周辺の激しい痛みが特徴で、胃アニサキス症と同様悪心、嘔吐をともないます。

 

3.腸管外アニサキス症

胃や腸などの消化管を破り、消化管以外の臓器に進入して症状を起こしてしまいます。

胸腔や肺、腹腔、腸管膜、肝、リンパ節、皮下などに進入した事例もあります。

 

アニサキス症の治療法とは?駆虫薬はない?イレウス症状の治療法

魚介類に生息するアニサキスという寄生虫による食中毒が増えています。

本来人間の体に寄生する虫ではないので、人間の体内で産卵して増えるということはありません。

 

しかし、猛烈な腹痛によって重症化する人もまれにいますので注意の必要な食中毒です。魚介類(サバやアジ、イワシ、サンマ、イカなど)を摂取後に起きた腹痛であればアニサキス症の可能性が高いです。

 

胃の内部に寄生された場合は、内視鏡によりアニサキスを確認し摘出します。摘出されたアニサキスは、エタノールに浸けられ、各部の計測や特徴から幼虫の種類が決定されます。

小腸の内部に寄生した場合、内視鏡ではなく超音波・X 線での確認をします。

 

イレウスの状態になっていなければ、対症療法を行いながら幼虫が死亡して吸収されるのを待つこととなります。アニサキスは人間の体内で長く生きられないので3~7日緩和するのを待つということになります。現在のところは効果的な駆虫薬は開発されていません。

 

では、イレウス症状状態とはどんなものなのでしょうか。

 

イレウス症状とは

イレウス症状とは、アニサキス侵入など様々な原因で腸管がふさがり、腸の内容物が通過できなくなる状態です。別名腸閉塞ともいい、腸の内容物がたまるため腹部の痛みや吐き気、嘔吐を繰り返します。拡張したりねじれたりするときに、猛烈な痛みを伴います。

イレウス症状になると、食事ができないために栄養や水分を腸から吸収できなくなります。最悪の事態では、腸が壊死してしまい炎症を起こし、死亡することもあります。

 

・腹痛

・嘔吐

・排便・排ガスの停止

・腹部の膨満

・腸がごろごろ鳴る

・頻脈

・発熱

・脱水

・尿量の減少

 

 以上がイレウス症状の主な症状です。このような症状があった場合には、すぐに病院を受診する必要があります。

 

イレウスの治療

イレウス症状の治療は、絶飲食をすることから始まります。 

イレウス管というチューブを挿入し、胃や腸管の内容物を吸引して外へ排出します。嘔吐による脱水を防ぐために、輸液も必要となります。

平行して、アニサキスの摘出も行います。

 

症状が治まれば、自然に排泄されるのを待つことになります。軽度の場合これらの処置によって軽快することが多いです。

しかし、処置によって症状が改善しないときや悪化するときは手術を行ないます。

 

アニサキス症かな?と感じたら、必ず病院を受診しましょう。イレウス症状と合併した場合、早急な処置が必要だからです。 

何故アニサキス症が増えたの?~実際はアニサキス症は古くからあった病気!?

 

アニサキスは種々の海産魚介類に寄生しています。

日本人は古くから魚介類を食べる食習慣がありました。本当はアニサキス症は古くからあった病気と考えられます。

 

アニサキスは近代化によって広まる?

激しい原因不明の腹痛がアニサキスであると断定されたのは1960年代です。

当初はその腹痛の原因の特定をする検査方法がなく、開腹して患部が切除されていました。

開腹した患部を見てアニサキスと断定されるというものでした。

 

しかし、70年代以降に内視鏡検査が普及し、開腹をせずとも寄生虫を確認し摘出できるようになりました。そうなると、原因不明の腹痛がアニサキス症であったという多数の事例が報告されるようになりました。

 

近年急増したというよりは、近年検査が普及した結果アニキサス症である人が報告されるようになったということです。

内視鏡が普及するのと同時に生鮮食料品の輸送体系の近代化がアニサキス症を増やした原因ともいえます。

 

今まで新鮮な魚介類を食すことのできなかった、内陸地でも生で食べれる新鮮な魚介類が出回るようになったためです。

 

どんな時期の魚に注意すべきか?

魚介類をよく食べる日本人にとっては、アニサキスは非常に問題です。

日本人は諸外国よりもアニサキスによる食中毒が多く、1年間に2,000例以上もあります。

 

アニサキス症がよく発生する時期は12月から3月に多く、7~9月の夏には最も少ないというデータがあります。

 

冬場はタラやサバ、イワシなどの漁獲期であるからでしょう。そして、冬場は夏と比べ、生ものを食べることが多くなります。夏の食中毒を懸念してということでしょう。

身近なアニサキス症はとっても怖い食中毒です。

 

アニサキスの発症の多かったオランダの対策

アニサキスとはあまり聞きなれない人も多いと思います。アニサキスとは寄生虫の一種です。この寄生虫が、体内に入ることで起きるアニサキス症という食中毒が起き、あまり聞きなれないとはいえ、日本では毎年発症しているものです。

 

アニサキス症の原因

その理由に『魚介類』があります。この寄生虫は、サバやアジ、イカなどの魚介類に幼虫の状態で寄生し、その魚介類を生食で食べると、体内にとりこまれ、異変を起こします。生きている寄生虫は、胃や腸の壁を傷つけ激痛を伴います。

また、一度体内に入ったことのある人は、アレルギーによるアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

魚介類を生食で食べる食文化のある日本人には最も注意しなければならない食中毒の一つです。

 

海外のアニサキス症対策

実は日本よりも先に諸外国でもアニサキスが起こっていました。その一つはオランダです。

オランダは、日本よりも昔からこのアニサキスを問題視し、対策を講じてる国です。

そのおかげで発症者数は減りつつあります。

 

1968年以降、ニシン(寄生虫が多い)において、-20度以下で24時間以上冷凍処理を行うことを法律で義務付けています。

その後、アメリカでは、生食用の魚介類を‐35度以下で15時間または‐20度以下で7日間の冷凍処理を行うことを義務付けました。

 

EUでは海産魚類の視覚(アニサキスは目で見える)による寄生虫を検査するようにし、生食用魚介類を‐20度以下で24時間以上冷凍処理をするように義務付けています。

このように諸外国では、アニサキスに対する予防を心がけているのです。

 

それに比べ日本はアニサキスに感染した場合の保健所への通告のみが義務付けられているのみです。

日本に流通する魚介類は比較的新鮮ではありますが、アニサキスは予防できません。

その理由として・・・

 

・寄生虫は腹に寄生していますが、水揚げされた後身の部分へ移動を始めるから

・冷凍処理をして生食の魚介類を食べる習慣がほとんどないから

 

アニサキスの予防方法

◆加熱する。 (60℃で1分、70℃以上)

◆冷凍する。 (-20℃で24時間以上)

◆新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除く。内臓を生で食べない。

※アニサキス幼虫は魚が死亡すると、内臓から筋肉に移動することが知られている。

◆目視で確認して、アニサキス幼虫を除去する。

※⼀般的な料理で使う程度の⾷酢での処理、塩漬け、しょうゆやわさびでは、アニサキス幼虫は死滅しない。

厚生労働省 事業者向けパンフレットより

 

食べないことが一番の予防にはなりますが、しっかりと予防を行い美味しく鮮魚を楽しみたいですね。 

(Photo by: http://www.ashinari.com)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食中毒に関する記事

ノロウイルスの予防には次亜塩素酸~食中毒の予防からかかったときの対処法~

激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染の流行...

作りおきに注意!食中毒の予防法!普通の加熱調理で死なない?乳製品 長期保存が招く食中毒とは

シチューや煮物、ソース、ポテトサラダなど、ついつい沢山作って作りおきしてしま...


冬場に多いアニサキス症!Q&Aでアニサキスについて知ろう!

お刺身売り場にアニサキスについての注意喚起が書いてあることがあります。 い...

辛い食中毒の治療法とは?飲食店での食中毒の対処は?初期症状に気付きにくい旋毛虫感染について

食中毒になると、とても辛い症状に見舞われます。 体内から菌を排出しなければ...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る