カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. アニキサス >
  6. 生魚が食べられなくなる!?危険な寄生虫、アニサキスは猛烈な腹痛と吐き気に襲われる…!?

気になる病気・症状

生魚が食べられなくなる!?危険な寄生虫、アニサキスは猛烈な腹痛と吐き気に襲われる…!?

日本の食文化に密接に関わりのある魚介類。
島国である日本では、昔から魚介類を食べてきました。
しかし、近年アニサキスという寄生虫が原因で腹痛などの食中を起こす人が増えてきています。

アニサキスという寄生虫は、数ミリから数センチ程度の白い糸状の虫です。アニサキスは多くの魚類やイカなどの内臓に寄生していて、宿っていた魚介類が死んだりすると、内臓から身の部分へと移動します。

 

近年日本にアニサキス食中毒が増えているのは物流が発達したから!?


昔から日本ではアニサキスによる食中毒はありました。しかし、漁業が盛んな港町などでしか見られない病気でした。
それは、生きたままのアニサキスが人間の体内へ入るということがなかったからです。

近年は物流が発達し、魚もイキのいい状態で運ばれますが、それと同時に寄生虫もイキのいい状態で口に運ばれるようになりました。
新鮮な魚が日本各地を流通すればするほど、アニサキスによる食中毒は増えていきます。

サバ、イカ、アジ、イワシ、サンマ、タラ、カツオなどに多く寄生されているアニサキスが体内に入ると大変です。
アニサキス症は、2~8時間で猛烈な腹痛と吐き気に襲われます。それはアニサキスの口で胃の壁を破ってしまうからです。
アレルギー症状になる人も多く、蕁麻疹を起こしたりします。

 

治療薬はない!


アニサキス幼虫に対しての薬はありません。
症状の激しいアニサキス症になった場合は、内視鏡を使用し、虫の摘出を行います。
または、幼虫が体内で死亡し、吸収されるのを待つ場合もあります。猛烈な痛みと長い人は数日戦うこととなります。
それほど怖いアニサキス、寄生虫が体内に入らないためにも、生食で魚を食べるのは避けたいですね。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/06/10-379020.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アニキサスに関する記事

アニサキスの発症の多かったオランダの対策とは?

    アニサキスとはあまり聞きなれない人も多いと思います。アニサキスとは寄...

アニサキス症の治療法とは?駆虫薬はない?イレウス症状の治療法

  魚介類に生息するアニサキスという寄生虫による食中毒が増えています。本来...


アニサキスが体内に侵入して起こるアナフィラキシー、治療法

アニサキスという寄生虫が体内に入ることで起こる食中毒。猛烈な腹痛と吐き気など...

アニサキス食中毒を起こす、アニサキスの正体は!?体内に入るとどうなってしまうの?

    本来アニサキスという寄生虫は、クジラやイルカなどの海産哺乳類が最終宿...

カラダノートひろば

アニキサスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る