カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. アニキサス >
  6. アニサキスはアレルギーを起こす!日本の食卓が危ない

気になる病気・症状

アニサキスはアレルギーを起こす!日本の食卓が危ない

アニサキスとは、魚介類に生息する寄生虫です。主にサバやアジ、サンマ、イカなどの内臓に寄生しています。

 

内臓に寄生したアニキサスは、寄生している魚が死ぬことで、身の部分へ移動を始めます。その身を刺身などにして食すことで食中毒を起こすのです。

 

ほとんどの場合は、私たちの胃の中で生息することができず、死んで排泄されます。しかし、まれに生息したアニサキスが胃や腸の壁を傷つけ、猛烈な腹痛と吐き気に襲われます。

 

アニサキスは聞きなれない寄生虫ですが、古くから日本人を苦しめていました。しかし、昔は流通が発達していなかっため、港町などの漁村などに限定して流行していました。

 

現在日本では流通が発達し、新鮮な魚を全国各地で食べることができるようになりました。それと同時にアニサキスが流行したのです。

 

生きたアニサキスを食べなければ大丈夫!?

生きたアニサキスを食べることで、腹痛や吐き気を起こします。それは、アニキサスの口で胃や腸の壁を傷つけるからです。

 

加熱処理・冷凍保存・生食の場合よく噛んで食べるこれを守れば生きて胃や腸に届くことはありません。しかしもっと怖いのが、アニサキスアレルギーです。

 

知らず知らずに食べているかも!?アニサキスアレルギー

アニサキスが生きている・死んでいるに関わらず、体内に入って最も怖いのがアレルギーです。

 

以前アニサキスを食べてなんともなくても、知らないうちに体がアレルゲンとして特定している可能性があります。そうなると2度目に食べたときに、体が防御反応を引き起こし、アナフィラキシーショックになるのです。

 

アナフィラキシーショックがひどい場合は、血圧低下や呼吸困難、激しい嘔吐などを起こしますので、とても危険です。生食に関わらず魚介類を食べて気分が悪くなったり、蕁麻疹が出たときは直ちに病院を受診しましょう。

 

アニサキス症はとても怖い食中毒ですが・・・魚介類は私達人間にとって大事な栄養がたくさんつまったもので、食べないという選択肢は難しいでしょう。

 

これは日本の食文化の大きな課題といえるでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アニキサスに関する記事

何故アニサキス症が増えたの?~実際はアニサキス症は古くからあった病気!?

  アニサキスは種々の海産魚介類に寄生しています。 日本人は古くから魚介...

アニサキスの発症の多かったオランダの対策とは?

    アニサキスとはあまり聞きなれない人も多いと思います。アニサキスとは寄...


怖い食中毒!寄生虫、アニサキスのアナフィラキシーショック!

アニサキスは赤身の魚や青魚、イカに寄生する寄生虫の一種です。生きた状態で食す...

その症状、アニサキス症かも!?検査と診断~早期発見しよう!

魚介類に生息している寄生虫。それを食すことで起こすアニサキス症という食中毒。...

カラダノートひろば

アニキサスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る