カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. アニキサス >
  6. 冬場に多いアニサキス症!Q&Aでアニキサスについて知ろう!

気になる病気・症状

冬場に多いアニサキス症!Q&Aでアニキサスについて知ろう!

お刺身売り場にアニサキスについての注意喚起が書いてあることがあります。

いったいアニサキスとはどういう寄生虫なのかご存知ですか?

生の魚介類を食べる習慣のある日本人は、知っておくべきことです。

アニサキスについて、しっかり勉強しておきましょう!

 

Q.どんな魚についていますか?

A.サバ、サケ、ニシン、スルメイカ、イワシ、サンマなどで青魚に多いです。

 

Q.目で確認できますか?

A.確認できます。数ミリ程度の白い糸状の寄生虫で、渦巻き状に丸まっていることもあります。

 

Q.体内に入ると絶対に腹痛を起こすのですか?

A.本来は人に寄生して発育することはないので自然に排泄されます。成虫にもなりませんので、産卵をすることはありません。

まれに、胃や腸の壁に侵入し腹痛や吐き気、アレルギー反応を起こすことがあります。

 

Q.どういう調理法で死にますか?

A.70度以上で1分以上の加熱、-20度以下で24時間以上の冷凍が基本です。

 

Q.酢でしめる料理の場合は、酢によって死にますか?

A.死にません。

 

Q.魚介類の内臓に寄生するアニサキススは、内臓を食べなければ刺身で食べても大丈夫ですか?

A.水揚げされた後、寄生虫は胃から身へと移動したりします。

特にハラミの部分などは寄生虫が移動している可能性が高いです。
魚を常温に置いておくと、動きが活発化し身へと移動しやすくなるというデータがあります。
常温保存は避けましょう

 

Q.アニサキス症かも!?腹痛が起きたらどうすればよいですか?

A.すぐに病院を受診します。そして24時間以内に保健所へ連絡することも必要です。
食中毒を少しでも早く食い止めるためです。

 

アニサキスにならないための基本


加熱処理
・冷凍保存
これを守っていれば、アニサキス症にはなりません。

 

アニサキスについて知っていれば、魚介類を食すときの注意点が分かるでしょう。

注意点を知っていれば、アニサキスによる食中毒を避けることができます。

魚介類を生食で食べる習慣をなくすことは難しいので、是非上記に注意しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/10/14-351547.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アニキサスに関する記事

アニサキス症ってなに?「劇症型」「軽症型」2つの症状のちがいは?!

「アニサキス」って、聞いたことありますか? サバやアジなどの、魚介類に寄生...

アニサキス食中毒を起こす、アニサキスの正体は!?体内に入るとどうなってしまうの?

    本来アニサキスという寄生虫は、クジラやイルカなどの海産哺乳類が最終宿...


アニサキス症の治療法とは?駆虫薬はない?イレウス症状の治療法

  魚介類に生息するアニサキスという寄生虫による食中毒が増えています。本来...

アニサキスの発症の多かったオランダの対策とは?

    アニサキスとはあまり聞きなれない人も多いと思います。アニサキスとは寄...

カラダノートひろば

アニキサスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る