カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 基礎知識 >
  5. 低体温症は、睡眠に原因と影響がある!

健康診断・健康管理

低体温症は、睡眠に原因と影響がある!

 

私達の体は体温が1℃下がっただけでも、大きな変化があることは知っていますか?
たかが1℃ですが、1℃下がっただけで免疫力や新陳代謝など,数多くに影響が出てしまうのです。免疫力においては、体温が上がっただけでも5倍にまで上がることもあると言われています。それほど私達の体温は重要なのです。

 

低体温と睡眠の関係

 

私達の体の深層部(内臓)は、起床前から徐々に上がり始め、活動量の多い日中は高い状態を保ちます。そして、夕方から徐々に下がり始めて、夜中には低くなります。
この変化は、自律神経と大きく関わっており、この深層部の体温が睡眠のリズムにも大きな影響を与えるのです。

通常人間の理想の体温は36.5℃ですが、低体温の人は36℃未満です。
そうなると朝起きれない…、日中の活動量が低下する…というような症状が出てきます。しかも眠りの質は低下するので、不眠になりがちです。


『体温が低いから眠りの質が低下する→眠りの質が悪いから体温が下がる』


この悪循環に陥ってしまい、いつまでたっても低体温症・睡眠不足からは抜け出せなくなってしまいます。

 

まずは生活環境の見直しと改善!
 
1.食生活
外食や加工食品が多い、脂っこいモノが好き、野菜をあまり食べない
このような状態では低体温症から抜け出せません。
・ミネラル・ビタミンを多く摂り、暴飲暴食を避けましょう。
なるべく手作りの食事をとる。

 

2.喫煙・飲酒
喫煙は血流の悪化、飲酒は肝機能の低下
毎日の晩酌は控え、適度な飲酒にしましょう。
タバコは、百害あって一利なしと言われるほどです。禁煙を心がけましょう。

 

3.不規則な睡眠
睡眠時間がバラバラ、昼夜逆転
本来備わった自律神経のバランスが崩れてしまいます。
バランスを整えるためにも、睡眠は良質で規則的にしましょう。

 

4.運動
適度に体を動かすことは、血流の改善にいいです。
しかも筋肉は熱を作り出すため、日々の運動が欠かせません。

 

5.冷暖房に頼りすぎ
温調節機能を低下させる原因になるので、冷暖房に頼りすぎた生活はよくありません。

 

 

生活環境を見直し、毎日の睡眠を良いものへと変えていきましょう。
自然と低体温症も改善され、元気に毎日を過ごせるようになるでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/02-373492.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

難しい医学用語…でもこれだけは知っておきたい!2つ

  病院で使用される言葉は難解でよくわからない言葉が多いと思います。認知率の高い...

お風呂で低体温解消!これで便秘ともサヨナラ

35℃台の体温でつらい症状を抱えている人が多くなりました。便秘や生理不順、免疫力...


寝不足は低体温になる!?さらに寝不足の危険性

近年、寝不足の人が増えています。そしてそれに比例するように、低体温の人も増えて...

腰椎穿刺の前に確認すべきこと!病院選びで合併症を軽減できる?!

腰椎穿刺(ようついせんし)とは、腰の背骨のすき間(腰椎椎間孔)から硬膜を破っ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る