カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 基礎知識 >
  5. 体の冷えで眠れない!低体温がもたらす体の異常とは

健康診断・健康管理

体の冷えで眠れない!低体温がもたらす体の異常とは


人間は、手足や体が冷えると眠りにつきずらくなります。冷えは血流を悪くし、脳への栄養を送る酸素が足りなくなります。しかも、筋肉の血流も悪くなるため、肩コリなどの疲労がとれにくくなってしまいます。
眠ったはずなのに体の疲れが取れない・寝た気がしない
このようなことが起きているあなたの体は、冷え切っているのかもしれません!

 

 

体の冷えや睡眠不足で起こる体の異常

 

体の冷えは主に免疫力の低下・新陳代謝の悪化を招きます。
新陳代謝が悪くなると、ますます冷えはひどくなる一方で、睡眠の質も改善されにくくなるでしょう。
しかし一番怖いのが免疫力の低下です。
免疫力が落ちるということは、風邪などの感染症にかかりやすくなることです。
癌など細胞が活発化するのも、免疫力の低下が原因です。
しかも癌細胞は、体が冷えることで活発化し、増殖しやすくなります。

たかが体の冷えで命の危険にまで及ぶとは…冷えは体にとって大敵ですね。

 

体の冷えで眠れない時はどうすればいいの?


・靴下は履かない
足先が冷たくてたまらない時は、どうしても靴下を履いてしまいますよね。しかし、寝ているうちにかいた汗が冷えを招いてしまいます。
どうしても靴下をはかないと寝られないときは、化学繊維の靴下ではなく綿100%の通気性の良い靴下にしましょう。


・寝る前に熱いお風呂に入らない
寝る前に熱いお風呂に入ってしまうと、体の芯まで温まりません。そのため、お風呂から上がると急激に体温が下がり冷えが悪化します。入るならぬるめのお風呂に、じっくり入るのがいいでしょう。


・夜ご飯は腹八分目
夜ご飯はお腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目までにしましょう。
また、脂っこいものアルコーを摂り過ぎると、肝臓に負担がかかり熱を生み出せなくなってしまいます。夜はなるべく寝る3時間前までに食事を済ませるようにしましょう。


・パソコンや携帯はほどほどに
冷えとは直接関係がありませんが、寝る前にパソコンやテレビ、携帯などを見ると寝つきが悪くなってしまいます。静かにゆったりと過ごすとよいでしょう。

 

 

良質な睡眠をとるためにできることを挙げましたがいかがですか?出来ていないと感じる項目があれば今すぐにでも試してみてください。たかが『冷え』ではありません。

冷えを取り、しっかり睡眠をとることができれば、これらの病気を予防することが出来るでしょう。まずは、体温を測りあなたの平熱をしっかり知ってください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/08/19-367294.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

義務の健康診断、任意の健康診断

  健康診断は毎年受けるもの、というイメージがあります。   健康診断には実は...

採血して失神、は貧血ではない?

  血液検査のための採血で、倒れたことがあるかもしれません。たくさん血を採...


低体温症は、睡眠に原因と影響がある!

  私達の体は体温が1℃下がっただけでも、大きな変化があることは知っていま...

ミネラル・ビタミン不足で低体温に… 低体温を治すには?

  食事制限によるダイエットをしていませんか?食事制限によるダイエットをしてい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る