カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 無月経症 >
  5. 無月経は放置しないで!無理なダイエットが原因?骨粗鬆症との関係。閉経と思ったら卵巣不全の可能性も・・

女性のカラダの悩み

無月経は放置しないで!無理なダイエットが原因?骨粗鬆症との関係。閉経と思ったら卵巣不全の可能性も・・

閉経後の女性は、骨密度が減少し、骨粗しょう症になりやすくなります。しかし近年、若い女性のダイエットや摂食障害による体重減少性無月経が増えているなかで、若いうちからの骨粗しょう症のリスクが問題視されています。

 

■骨密度と女性ホルモンの関係

骨は体が熟成されるとしっかりと形成され、そのまま変わることがないよう感じます。しかし実際は、常に古くなった骨は壊して新しく造りなおすという、骨代謝という新陳代謝が行わることによって骨の強度は維持されています。

 

しかし、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少すると、古い骨を破壊するスピードが上昇し、新しい骨を形成する骨形成が追いつかなくなります。そのため、エストロゲンが減少すると骨の中がスカスカになっていきます。

 

■エストロゲンが減少するのはどんなとき?

エストロゲンは女性ホルモンのひとつ。エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが分泌されることにより、乳腺の発達や生理、妊娠が起こります。また、女性の健康を維持するうえで、重要な役割を担っています。

 

こうした女性ホルモンは、40代後半~50代の閉経頃になると、卵巣の機能が停止し、分泌量が一気に低下していきます。それにより、女性のからだに様々な不調をきたす更年期障害が現れます。

 

無月経の女性も卵巣が正常に機能しないため、女性ホルモンを正常に分泌することができません。

 

■ダイエットが招く無月経

無月経には、はじめから生理が来ない原発性無月経症や、下垂体腫瘍や手術、外傷、放射線治療などによって下垂体に障害が起こった下垂体性無月経、乳汁を分泌するホルモン「プロラクチン」が高値になり、排卵を邪魔する高プロラクチン血症、繰り返しの人工中絶や流産手術によって、子宮内膜に癒着が起こり無月経になった子宮性無月経などいくつかの種類がありますが、なかでも近年問題視されているのが体重減少性無月経。

 

ダイエットや摂食障害により体重、体脂肪率が減ってしまったことで、視床下部が卵巣に対しホルモン分泌の指令を出せなくなったり、女性ホルモンの材料となる脂質が足りないためにホルモンを分泌できなくなった状態です。

 

こうした原因で卵巣機能が低下したことにより、若年女性でも骨粗しょう症となるリスクが増えています。

 

■骨粗しょう症の先にあるのは…

エストロゲンの減少は、骨量が低下し骨折しやすくなるだけでなく、手足の関節やひざの関節などに変形を起こし、関節症を引き起こす可能性があります。また、膝関節にある軟骨が削れてすり減ることによって、自分のからだを支えられなくなり、歩行障害が起こる場合もあります。

 

閉経後の60歳~70歳代の多くの女性が変形性ひざ関節症に悩まされていますが、そうした症状がまだまだ働き盛りのうちからあらわれてしまうかも知れません。

 

また、寝たきりの原因として多くを占める「大腿骨頸部骨折」も、骨粗しょう症が背景にあります。

 

 

まだ若いうちから、自分の足で歩くのが困難になったり、寝たきりになってしまったり…そんなことにもつながりかねない無月経。「生理が来なくていいわ」と安易にとらえず、早めに婦人科を受診することが大切です。

 

 

無月経はからだの悲鳴!?ダイエットの注意

ダイエットをしたことのない女性はいないかも知れません。そのくらいメジャーなダイエット。しかし、ダイエットが原因で月経がなくなってしまう無月経が、無月経の原因の中ではもっとも多いのです。

 

■怖いダイエットの影響

からだのサイズを気にすることは悪いことではありません。しかし、ダイエットをしようと食事制限しているうちに生理が止まってしまうことがあります。これを「体重減少性無月経」といいます。

 

■食欲と性ホルモンの中枢は同じ

食欲をコントロールする脳の「視床下部」は、ホルモンの分泌を司る部分でもあります。ストレスなどで過度のダメージを受けると、視床下部の機能が低下することがわかっています。生理の周期も視床下部の指令によっておこっているため、視床下部に強いストレスが加わると、からだが本来持っているリズムを壊すことにつながります。

 

■脂肪が減るとホルモンも減る

ダイエットをして摂取エネルギーが減ると、からだは生きていくために、蓄えていた体脂肪をエネルギーに変えていきます。そのため、食べる量が減ると脂肪が減って痩せていきます。しかし、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは「脂溶性ホルモン」といい、体脂肪中に蓄えられています。そのため、女性ホルモンの量も減少してしまい、ホルモンバランスが崩れて生理が止まってしまうのです。

 

■どんな人が体重減少性無月経になるの?

1年間で体重5kg、あるいは体重が10%以上減ると、ホルモン分泌異常が起こり、卵巣機能が低下あるいはストップするといわれています。

 

体重減少性無月経が多いのは、10代~20代前半の未婚女性が中心。現在、日本では若い女性の「痩せ」が問題となっており、中学3年生の約3~4%、高校3年生では約13%が「不健康な痩せ」であるとされています。

 

■体重が回復しても生理が戻らない?

体重減少性無月経の場合、体重をもとの水準に戻すか、標準体重の90%以上に戻すことが不可欠ですが、体重を戻すのは簡単なことではありません。また、体重が戻っても約30%の女性で自然な排卵・月経が回復しないといわれています。特に、3年以上無月経が続いている場合は、自然な月経が回復するのは困難となる場合があります。

 

 

軽い気持ちで始めたダイエットで月経不順になり、無月経になってしまう…。いずれ不妊症に悩むことにならないように、月経不順は体からのSOSだと思って、健康的な美しさを目指したいですね。

 

 

生理来ない=妊娠できない体になっていた!?生理ある=妊娠できるは勘違いだった?!

若いころには、無理なダイエットや食事制限などで生理が遅れたなんて経験があると思います。しかし、この生理もただの生理不順と思って放っておくと、いざ子供が欲しいと思った時には手遅れになっている場合もあるのです。

 

最近、20代30代で生理が永久に来なくなる人が増えています。早く閉経することで、どんなリスクがあるのでしょうか。

 

また、生理に関して正しい知識がないために、不妊になっている人も多くいるそうです。

生理は子どもを授かるための準備です。その生理をきちんと知っておきましょう。

  

知らずに失われていく卵巣機能

まず、女性は妊娠するために、卵巣で卵子を育てて排卵する事が前提です。

この排卵で、必要なくなった卵を排出するのが生理です。このサイクルが周期的に来ることで、妊娠が可能となるのですが、最近では、若い女性で卵巣機能が実年齢以上に衰えていて、そのまま閉経してしまう人が増加しています。

 

卵巣機能が衰えて閉経してしまっても、妊娠が全く望めないという訳ではありません。ただ、妊娠できる可能性は低く、不妊治療で妊娠はできても継続していくことが難しくなります。

 

通常の閉経は50歳前後

閉経は通常であれば、50歳前後で起こると言われています。なぜ卵巣機能がこんなに早く衰えてしまうのか、詳しい原因は分かっていません。

また、早期閉経で、早くから更年期障害の症状が現れたり、脳梗塞や骨粗しょう症などのリスクも高くなると言われています。

 

早期閉経は、遺伝や自己免疫疾患などの場合もあり、リスクを減らすことは難しいのですが、生活習慣の見直しがリスクの軽減になるとされています。

 

喫煙もリスクを高める要因なので、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。

適度な運動で血液循環を良くする・バランスの良い食事を摂る・しっかり睡眠をとるなどの生活習慣を見直してみましょう。

 

「排卵」がなければ妊娠はできない

女性は思春期を迎えると初潮がきます。初潮から閉経までの何十年間と、毎月(通常周期は28日)生理が来ることになります。

生理がきちんときているから、私は妊娠できる体だと思っている方はいませんか?

それは大きな勘違いです。

 

確かに生理というのは妊娠と大きく結びつきます。しかし、それは排卵があってこそです。

本来排卵が起きた後(約2週間後)に生理がきますが、排卵がなくても生理が来ることがあります。

妊娠を希望しているのになかなか授からない方は、「排卵がない」ということが可能性として考えられます。

 

卵子の老化も、不妊の原因のひとつ

また、可能性のひとつとして、卵子の老化も視野に入れなくてはいけません。

人が歳を重ねていくのと同じように、卵子も同じように年を重ねていきます。

 

あなたが40歳なら卵子も40歳ということです。

そのため、きちんと排卵が起きていても、卵子が老化しているとなかなか受精することが難しくなってきます。

 

ですが、妊娠できないわけではありません。妊娠しにくくなるのです。

そうなると、妊娠をするまでに歳月が必要になってきます。

 

不妊で悩んでいる人は、まず基礎体温を測る

不妊というのは、避妊をしなくなってから2年たっても妊娠しない場合をさします。不妊には色々な原因があります。

しかし、まずは何よりも先に、きちんと排卵がきているかを確かめるのが、最初にやる不妊治療の検査です。

 

そのためには、毎日起きてから体を起こす前に基礎体温を測らなければいけません。

基礎体温というのは、普通の体温計で測れない細かい数値が出ます。

毎日きちんとグラフをつけていると、ガクッと体温が下がるときがあります。

それが排卵日です。

 

その体温がガクッと下がることがないときは、排卵が起きなかったということになります。

しかし、意外と素人目では分かりにくいこともあります。

そんなときは3ヶ月ほど基礎体温表をつけ、専門の医師に確認をしてもらいましょう。

 

 

早く閉経するのは何が原因?本当に閉経しているの?早発卵巣不全について

一般的には50歳前後で閉経になると言われていますが、最近は、卵巣機能低下症の女性が増えて、20歳~30歳の早い年齢で閉経になってしまう人が多くなっています。

 

(卵巣機能低下とは?)

卵巣機能が早期に低下する病気で、早発卵巣不全とも言われます。進行すると、早い時期に閉経になり、40歳未満で閉経になるものは早発閉経と呼ばれており、最近はもっと若い20代~30代の女性にもこの病気が広がっています。

早発閉経の場合、卵巣が排卵する能力を完全に失っているかというと、必ずしもそうではありません。検査をして、卵巣に卵胞が存在する場合は、排卵を誘発する事が可能です。卵巣に卵胞が残っていない場合は、閉経していると言えます。卵胞が存在している場合は、ゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群と言い、排卵誘発剤や女性ホルモン補充療法で治療を行うと妊娠ができる可能性があります。

 

(卵巣機能低下の原因は?)

先天性の染色体異常や甲状腺や副腎、筋肉に対する自己免疫性疾患を持つ人に多いことが知られており、自己免疫性疾患と早発卵巣不全との合併症がよく見られることが分かっています。そのことから、早発卵巣不全が卵巣に対する自己免疫性疾患である可能性も考えられているようです。また、卵巣や卵巣周辺の手術、放射線治療や抗がん剤の化学療法によって早発卵巣不全になるとも言われています。このほかにも喫煙によって卵巣機能の低下が起こるとも言われています。

 

35歳~40歳で無排卵となり、多くの場合は無月経になります。20~30代のもっと早い時期から無月経となる人もいます。基礎体温は低温一相性で、高温期がない事が殆どです。毎日、基礎体温を付けることで、体の異変に早く気づくことができます。

 

 

早すぎる老化現象を予防するためにできること!早発閉経の女性ホルモン補充療法

赤ちゃんのもととなる卵母細胞が含まれる卵胞は、産まれる前から作られ、この世に誕生した時から徐々に数が減少して行きます。年齢を重ねるごとに卵胞の数は減少して行き、50歳くらいになると卵胞が尽きて閉経となります。このように加齢とともに体の機能が衰えて行くのは自然なことなので、仕方がありませんが、最近では、この老化が早く訪れることが問題になっています。

 

(早発月経について)

本来、50代で訪れるはずの閉経が、20~30歳で訪れる早発閉経ですが、閉経すると妊娠は望めなくなるほかに、閉経前後10年間くらいに及ぶ更年期障害の症状が現れます。また、早い閉経の場合は骨粗しょう症などの症状も早めにくることになります。

検査をして早発閉経と診断された場合には、女性ホルモン補充療法が行われます。

 

早発閉経は、卵巣機能不全が起こり、卵胞の早すぎる老化が原因となっているので、正常な時期に正常な変化が訪れるように心身のバランスを整えることが、早発閉経の予防につながります。また、漢方薬を飲んで、体質改善を行った結果、子供は望めないと思っていたら、卵巣機能が良くなって妊娠が可能になった、プラセンタを飲んだなど、体質改善にサプリメントや漢方も取り入れる人もいます。

 

過度なダイエットや摂食障害など、体が無理をすると、体に様々な影響を与え、老化現象が早まってしまう原因になるので、女性は特に、冷えの解消や食生活の見直し、過度のダイエットを控えるなど、健康的な生活を送り、老化しないように予防する事が必要です。一度、崩れてしまった体内のホルモンバランスは、なかなか元には戻りません。外見の美しさより、まずは体内から若く美しくなることが、いつまでも若さを保つ秘訣かもしれませんね。

 

photo by:http://www.ashinari.com/2012/01/23-356219.php?category=265 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

無月経症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る