カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 性依存症の治療!性依存症を克服するための12ステップとは?

メンタル

性依存症の治療!性依存症を克服するための12ステップとは?

性依存症者がもっている、依存症におちいってしまう特有の考え方が4つあります。その4つの考え方を変えていくことが、性依存症者の治療のためには必要です。

 

▼性依存症者特有の4つの考え方

・私は生まれながら邪悪で、価値がない人間だ。

・あるがままの私を誰も愛してくれない。

・誰にも頼ってはいけない人間だ。

・自分はセックスなしには生きていけない人間だ。

 

▼性依存症者は上記の考え方を下記のように変える必要があります

・私は誇れる価値のある人間だ。

・あるがままの私を愛してくれる人がいる。

・自分が望めば頼らせてくれる人がいる。

・セックスは欲求であったり、愛情表現の一つにすぎない。

 

▼性依存症者のための12ステップ

性依存症者とアルコール依存症者の原因や心の状態は大変似ており、性依存症治療の草分けであるアメリカでは、アルコール依存症回復のためのプログラムを応用したものが使われています。

 

アメリカで使われているものを参考に、以下に筆者が、カウンセリング経験を通して、考え方をよりよく変化させるために重要だと思う12ステップを書き出しました。アメリカの現場で使われているものの日本語版をお知りになりたい方は、性依存症者自助グループ、SA-JAPANのサイトをご覧ください。

 

1.性依存症に対して自分は無力だと認め、性依存の引き金をひかないように最善の工夫をして過ごすと決める。

2.健康な心に戻れる日がくると信じる。

3.自分の生き方は自分の選択で変えていけると意識する。

4.人生を整理し、書き出し、自分をよく知り、一人では生きてこれなかったこと、思いやってくれてる人がいること、または思いやってくれた人がいたことに気づく。

5.自分の過ちをありのままに認める。

6.自分の過ちや無力さを認め、改善にむかって周囲に配慮を願えば、性依存症改善のために手伝ってくれる人がいることを知り、手伝ってもらえる環境をつくることができる。(カウンセリングに通ったり、周囲に自分の状態を説明して、配慮を願う。克服を邪魔する人やモノから離れる。)

7.何があっても、短所に対して工夫する努力を続ける。

8.深く傷つけたと思う人たちを書き出し、謝罪や感謝の念を持ち、性依存症を克服することでお返しをしようと決める。

9.深く傷つけたと思う人たちに、実際に謝罪や感謝を伝え、お返しを実行する。

10.人生を客観視することを続け、間違いをみつけたらすぐに認め、改善の努力を怠らない。

11.自分と自分が出会った人のために、幸せを祈る。(誰のことも祈れないと思うなら、幸せを祈れる人になりたいと祈る)

12.心安らかな日が増え、上記の11項目を心から望んで実行できるようになったら、どのような形でもよいので自分の体験をシェアし、自分におこったことを無駄にせず、全ての人の中に依存症、または依存症に似た苦しみがあり、一歩一歩逃げずに解決しながら生活していることを日々受け入れる。

  

上記の内容は、性依存症だけではなく、アルコールや薬物依存症者などに差し替え、繰り返し読み、自分を日々取り戻すためにもお使いいただけると思います。

 

性依存症の症状レベル、3段階

性依存症の第一人者によると、性依存症に陥った人のレベルには三段階あります。性依存症を自分にもしくは周囲に疑う方は、どれにあてはまるのか?どこにも当てはまらないのか、確認してみましょう。

 

▼レベル1

とらわれ行動≫

・自慰(家の内外関係なく、何年にもわたって1日に4、5回以上、続けるなど)

・セックス(パートナーに頻繁に強要し続ける、多数の性的パートナーをもち続ける、一夜だけの関係を頻繁に求める、パートナーが望んでいないのに特殊な性行為に巻き込み続ける)

・性風俗(風俗に足を運び過ぎる、ネットの風俗で時間を浪費しすぎる)

・売春、買春(違法行為であっても皆しているからと頻繁に行う)

危険度≫

本人は心の中では重度にとらわれているが、生活に支障がないように、コントロールできる範囲で行動している。法に触れる部分もその他大勢に見られる範囲で、本人の罪の意識はうすい。薄いどころか、自由人としてヒーロー意識を持っているものもいる。警察に捕まったとしても、リスクの低い程度で、本人への効果はない。パートナーが別れることの怖さから同意して行われている例も多い。本人が他人に強制したという意味では被害者がいない。

 

▼レベル2

とらわれ行動≫

露出症、のぞき症、わいせつ行動

危険度≫

本人はとらわれることで、コントロールを超えて、迷惑犯罪を行う。被害者がいる。警察につかまると、大きなリスクを伴う。

 

▼レベル3

とらわれ行動≫

子供に対する性的虐待、近親姦、レイプ

危険度≫

本人は完全に自分の行動をコントロールができなくなっている。深刻な被害者がいる。ばれると世間から大きな憤慨を受け、極めて高いリスクを伴う。

  

どのレベルであっても、性にとらわれ過ぎていると言う意味で、苦しみを感じています。しかし、レベル1の段階であるなら、外から依存症であるなどと判別できず、レベル2へすすむのに邪魔するものがありません。

 

レベル1で苦しみを感じはじめた性依存症者は、アルコールや薬物依存、摂食障害などを併発することがよく見られます。それらとの併発は悪循環を生み出し、本人をレベル2、レベル3へとエスカレートさせていきます。

 

アメリカでは犯罪との関連を深刻にうけとめ、レベル1の段階で克服するための施設があり、買春やわいせつ行為の段階で施設へ入る指導を受けるなど、再発防止策がたてられ効果が認められています。しかし現在の日本では本人がたとえ警察に訴えても、性依存症優先の治療が受けられることは乏しく、再犯の抑制には程遠い状況です。

 

性依存症の治療、しらふの状態について

アルコール依存症なら、アルコールを飲んでなければ「しらふ」の状態を作り出せますが、性依存症にとって「しらふ」を作り出すことは、非常にあいまいで難しくなります。

 

▼性依存症者のしらふ

性依存症者の引き金は、不安やストレスと自分の妄想にあります。特別に何か性的な媒体にふれなくても、自分の妄想が引き金となり、快楽や行為を求める行動をしてしまいます。

 

思春期の少年などは四六時中、性的な妄想が頭を離れない場合もあるでしょう。しかし全員が犯罪を犯すわけでも、学校にも行けないほど、性的行為に溺れるわけではありません。授業中集中できていないことはあっても、学校へ通ったり、受験に挑戦したり、将来に必要な活動をなんとかやりこなしているものです。

 

つまり、妄想がでた時に、それを行動にうつすかどうか、そこで自分を自制するスイッチをいれられることが、性依存症者の「しらふ」となります。

  

▼性依存症者の「しらふ」を作り出す法則

アメリカの性依存症者治療の現場には、「しらふ」を保つためのSAFEの法則があります。性依存症者は以下の4つに逃げ込む病です。この4つの状態を避けられていることが「しらふ」を保っていると言えます。

 

・Secret(秘密) … 秘密行為に手を出さない。(人前で言えないこと、できないことはしない)

・Abusive(虐待的)… 自虐的(自分の品位を落とす事含む)、他虐的(私利のために相手を利用すること含む)、行為をしない。

・Feelings(感情)… つらい感情から逃げるための性行為をしない。

・Empty(思いやりが欠けている)… 思いやれない相手と性行為をしない。

このように、性依存症者の「しらふ」は大変抽象的で「自分の判断」が問われます。

 

性依存症治療。「しらふ」を作り出すための対策

性依存症者にとって「しらふ」の状態を作り出すことは、何かひとつをやめるだけでは成り立ちません。大変抽象的で、自分の中の判断が問われます。具体的にどうすれば、「しらふ」の作り方が見えてくるのでしょうか?

 

▼性依存症者の「しらふ」をみつけるために

『他者が必要となります。』 自分の行動を洗いざらい打ち明けられ、心の整理を手伝ってくれる相手が必要です。懺悔の内容を決して責めず、前向きにサポートしてくれる余裕のある人が望ましいです。

 

カウンセラー、医師、自助グループの仲間、どうしても勇気がでないならウェブ上でもかまわないでしょう。どこかに一人でいいので、自分の全てをさらけ出し、根気よく週に一回、二週に一回でも心の整理につきあってくれる人が必要です。

 

▼具体的な「しらふ」の見つけ方

アメリカの治療現場で使われているワークシートには以下の二つを書き出すようになっています。

・品位を落とすか、私利のために相手を利用する行動

・生活を豊かにするか高める行動

 

はじめは、自分が性依存症に陥る現在までに、人生でしてきた上記二つを洗いざらいかきだし、聞いてもらうとよいでしょう。人生の整理が終わったら、次に、できれば毎日日記をつけ、上記の二つをかきだし、それについて、定期的にきいてもらうとよいでしょう。

 

(サポートしてくれる人に負担がないように気をつけましょう。定期性をもつことは、今苦しんでる自分にはつらいことかもしれませんが、感謝と思いやりをもった関係を保つことも、性依存症克服のために、必要な練習となります)

 

はじめからはうまくいきません。うまくいかなかった理由をしっかりみつけ、それを避ける工夫をすることで、回数を減らせたり、誘惑に打ち勝てた経験をつみあげていき、性依存に陥らない時間を増やしていきます。

 

性交渉は、性生活以外でも、自分が思いやれる人物一人にとどめ、相手が同意するときのみ行うようにしましょう。いくら個人的に思いやりを持っているからと言って、お金で買える関係は、お金を払えば相手が嫌でも同意しますので、性依存症克服の為には不向きです。

 

克服できた時期が長く続いたからと言って、一度もってしまった性依存症スイッチはなくなりません。アルコールや薬物依存症者と同じように、生涯スイッチを押さないように生活する覚悟を持ちましょう。

 

「しらふ」を作り出すことは大変むずかしいですが、あきめないで、一歩進んで二歩下がり、三歩進むつもりで、取り組んでいってくださいね。

 

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E9%9A%8E%E6%AE%B5-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E4%BA%BA%E9%96%93-%E4%B8%8A%E6%96%B9-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3-%E5%80%8B%E6%80%A7-%E6%80%A5-%E9%99%8D%E4%B8%8B-%E5%80%8B%E3%80%85-70509/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

依存症に関する記事

アルコール依存症の症状と怖さ ~アルコール依存症者の離脱症状とは?

何度も何度も「お酒をやめるから」と宣言しては、元に戻ってしまうアルコール依存...

大量飲酒とアルコール依存症の違いは? 発症の原因や新たな問題の原因となることも?

「家族が大酒のみで、飲むと暴れる。」「いつみても飲んでいるようだ。」「会社帰...


日本ではあまり知られていない性依存症の症状とは?

たとえば、毎日恋人に会いたいと思う。会ってないと不安。会えば必ずセックスを強...

「親離れ子離れ不適応」の姑を持つあなたにおすすめの対処法!対人依存の原因や対処法について

パートナーと結婚したときに、相手の親が子離れできていないと、面倒と感じる方も...

カラダノートひろば

依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る