カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 寒冷 >
  5. もしかして寒冷アレルギー?と思ったときにすること

アレルギー

もしかして寒冷アレルギー?と思ったときにすること

 

最近、どうもじんましんがよく出る気がする。冬になったし、もしかしてこれが寒冷じんましんなのかな・・・?
そう思ったとき、どんなところをチェックしてみると良いのでしょうか。

 

■どんなときに症状が出るかをチェック

寒冷じんましんは、皮膚温が低下したことにより生じます。寒冷刺激によるじんましんかどうかを確認するためには、水を入れたビニール袋やビンなどを皮膚に触れさせます。皮膚の温度が下がってくるとともにじんましんが現れるようなら寒冷じんましんの可能性があります。

 

冬の寒い日に外の冷たい空気を吸ったとたん、あるいは朝起きてすぐに室内の冷たい空気を吸い込んだとたんに咳や鼻水が止まらなくなるという場合も、寒冷アレルギーの可能性があります。

 

■寒冷アレルギーと似ている症状

じんましんが出る場合は、寒冷アレルギーのほかにもさまざまな要因が考えられます。
・食べ物によるじんましん
・薬物によるじんましん
・運動、温熱刺激によるじんましん
・精神的緊張によるじんましん
・固いものでこすることによって起こるじんましん

 

とくに、「機械性じんましん」と呼ばれるじんましんは、強くこすったり、ベルトやかばん、下着などで圧迫された際に起こるじんましんですが、精神的な緊張や感情のたかぶりによっても起こることがあります。

 

■大人に多い「内因性アレルギー」

バラの花粉で喘息を起こす人が、造花のバラをみて喘息発作が起きたという話があります。このように、原因とは独立して、精神の活動のみで臓器の反応性がひとり歩きすることがあります。

 

大人のアレルギーと子どものアレルギーを比較した際に、子どもの場合はアレルゲンの侵入とそれに対する免疫応答というアレルギー反応がはっきりしているのに対し、大人ではアレルゲンが特定できず、むしろ精神的ストレスの影響が大きいといわれています。

 

アレルゲンが特定できるものを「外因性アレルギー」、ストレスや気持ちの問題など心因性のものを「内因性アレルギー」と呼んでおり、大人では「内因性アレルギー」の要素が多いといわれます。

 


「アレルギー」と呼ばれる症状は、じんましんや鼻水・鼻づまり、咳など、似たような症状であることが多いもの。自分の体に起こっている症状の原因は何だろう?とよくチェックしてみるのも良いかも知れません。

 

photo by://www.ashinari.com/2013/01/22-375224.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寒冷に関する記事

知らなかった!寒冷アレルギーを防ぐ上で知っておくべき注意点

 寒冷アレルギーの特徴は、自身の体温よりも極度に低いものに触れる、または、摂取す...

ポイントは首と腰!寒冷アレルギーを防ぐ服装と注意点

  寒冷アレルギーの人にとって、寒さは大敵です。体を冷やしてしまうと、じんまし...


身体をいかに冷やさないかが大切!寒冷アレルギー対策について

  寒冷アレルギーを甘くみてはいけません!寒冷アレルギー(寒冷じんましん)...

寒冷アレルギーの発症を防ぐための予防法とは?

  冬になると寒冷アレルギーと思われるじんましんや鼻水に悩まされる・・・。...

カラダノートひろば

寒冷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る