カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. ピルって本当に大丈夫?

女性のカラダの悩み

ピルって本当に大丈夫?

a1180_001268.jpg


ピルは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が合わさったものです。

日本では避妊薬のイメージが強く、偏見を持っている人が多いようです。


■9000万人以上が飲んでいる安全な薬

ピルは、排卵を抑えることができるので避妊が確実に出来るだけでなく、世界中で月経痛や月経不順、ニキビや子宮内膜症の治療薬として、9000万人以上の女性が飲んでいます。

ピルはホルモン含有量によって、高用量、中用量、低用量に分かれており、中でも低用量ピルは最も含有量が少なく飲みやすい薬です。

ホルモンのバランスを整えて、女性の不調全般を整えることができます。


痛みPMSにも!

社会進出、晩婚化、少子化などで女性のライフスタイルが大きく変化すると共に、女性ホルモンが乱れやすくなり、メンタル面や体調が不安定な人も増加してきています。

低用量ピルを使うことによって、ホルモンのバランスが一定になって安定し、正しいリズムを作ることができます。

そうすることによって、月経不順生理痛PMS(月経前症候群)も改善されてきます。

計画的に妊娠したい人や、アンチエイジングにも効果があります。

(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/31-348684.php )


著者: yukiguniさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

どうしても月経をずらしたい時は?

旅行や結婚式、試験など、大きなイベントと月経が重なるのは非常に憂鬱ですよね。どう...

ピルを飲み忘れた!そんな時はどうしたらいい?

ピルにはさまざまな種類がありますが、基本は月経周期を管理するために毎日飲むも...


アメリカの専門家が唱えるピルの危険性…心臓病のリスクが高まる!?

ピルは日本だけではなくアメリカにおいても広く利用されている合成ホルモン剤です...

避妊効果のある時間は?副作用は?アフターピルについて

  ピルは基本的には普段から飲んで体を管理するものです。一方でアフターピルとい...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る