カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ものもらい >
  5. 目にものもらいの出来物ができた時にはどうすればいいの?

気になる病気・症状

目にものもらいの出来物ができた時にはどうすればいいの?

 

目に何か出来ものができていると、皆様は真っ先に「ものもらい」だと判断することでしょう。しかし、「ものもらい」と俗に呼ばれているその出来物には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)の二種類があることをご存知でしょうか?

種類が違えば治療法も異なります。

 

 

◆「ものもらい」の治療法

症状がまだ比較的軽い場合は、点眼薬だけで様子を見たり、点眼薬と眼軟膏を併用することが多いですが、腫れなどが少し酷い場合もしくは一刻もはやく治したい場合、そしてさらに悪化し、ひどく腫れる恐れがある場合は、抗生物質や抗炎症剤といった内服薬も併せて使われることが多いです。

痛みや腫れが解消されても、しこりが残っている場合は、1ヶ月以上と長い期間継続してお薬を服用することもあります

 

こうした治療法でも中々治らないといった酷い症状の時には、手術で切開します。もちろん手術ですから、糸で縫合したり、傷口が塞がるのにも時間がかかってしまい、また傷跡が残る可能性もありますから、なるべく最終手段として使いたいものですね。

 

また、何度も何度も繰り返し発症する場合などには、漢方薬での体質改善を行うこともであります。

 

 

◆「ものもらい」はどれくらいで治るの?

ものもらいには麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)の2種類がありますが、腫れて痛む麦粒腫のほうが案外早く治ったりします。抗生物質が効いてくれれば、おそらく1週間から10日で完治します。

 

痛みを伴い赤く腫れているときには、血の巡りが良くなっていることから、お薬の成分も患部に届きやすいのでしょう。

 

目にものもらいができていると自覚すれば、まずは市販薬で治療される方が多いかと思います。しかし、使用して3日経っても症状に変化が見られない場合は霰粒腫である化膿性が高いのでただちに眼科を受診して下さい。

 

霰粒腫の場合ですと、1週間ほどの薬の服用で「痛みはとれたけどしこりが残ったまま」という状態になりますが、その後は腫れが引き血の巡りが腫れている頃ほど良くはないので、処方薬の使用期間が1ヶ月以上と長引くことが多いです。

 

さらに、点眼薬と併せて飲み薬を服用しても症状が改善されない場合には手術を検討します。

手術を施した場合ですと、切開した傷口が落ち着くまでにおよそ1~2週間、なるべく跡が残らないように内側から手術をしますが、やむを得ず外側から切開し、糸で縫合した場合は約1週間後に抜糸、治療までに2~3週間ほどかかることが多いです。

 

 

また、ものもらいはウイルス性結膜炎(はやり目)などとは違い、人に感染する恐れはありませんのでご安心下さい。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/10-378950.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ものもらいに関する記事

ものもらいってうつるの?うつる目の病気は何?はやり目とは?

子どもの頃「ものもらい」になると、「人にうつしてしまうから外で遊んじゃだめよ?...

目にできもの?~麦粒腫と霰粒腫の違いとは~

  目にできものができると「ものもらいかな?」と思われる方が多いのではない...


まぶたが腫れている!これって「ものもらい」?

  全国的に様々な呼び方がある「ものもらい」。主に目が痒い、まぶたが腫れる...

ものもらいの原因と予防

     ものもらいになると、まばたきすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、ま...

カラダノートひろば

ものもらいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る