カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 尖圭コンジローマ(HPV) >
  6. 尖圭コンジローマの再発は免疫機能に原因がある?

女性のカラダの悩み

尖圭コンジローマの再発は免疫機能に原因がある?

尖圭コンジローマはいぼが性器や肛門などにできる病気で、女性の場合は膣内にできることもあります。また尖圭コンジローマは自然治癒も可能ですが再発も非常にしやすい病気です。なぜ再発してしまうのか?その原因を見ていきましょう。

 

●コンジローマの再発は25%

コンジローマの再発率として、一般的によく言われているのは25%という数字です。4人に1人は3カ月以内に再びコンジローマになると言われており、けして再発率の低い病気ではないことがわかると思います。

 

25%という数字は3カ月以内の再発で、統計はないものの、経験談として1年後に再発した、それ以上経ってから再発したという例もあるので、総合的な再発率をみるとさらに高くなるかもしれません。

 

●コンジローマの再発原因は?

コンジローマの再発原因は詳しくわかっていませんが、ひとつは潜伏期間によるものが考えられます。

 

コンジローマの平均的な潜伏期間は1-2か月ですが中には1年を超えて潜伏し続ける場合もあります。最初にコンジローマにかかってから半年で治ったと思っても、潜伏していたコンジローマの症状がまた出てしまう可能性があるのです。

 

そして、もうひとつ大きな再発原因は、免疫機能が下がっている、もしくは働いていないということです。コンジローマの原因となるウイルスそのものは珍しくはなく、免疫機能さえしっかり働いていれば自然に排除されてコンジローマとして現れることもありません。

 

免疫機能が常に弱っているという方は再発のリスクが高まりますので、普段から免疫機能をしっかりと鍛えておくことを意識するのも良いでしょう。

 

コンジローマの再発は4人に1人と言われており、高い再発率の病気でもあります。コンジローマの再発原因のひとつが免疫機能で、免疫機能が弱っていると、普段は無害なコンジローマの原因であるHPVに数度感染することもあるのです。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尖圭コンジローマ(HPV)に関する記事

女性がチェックしたいパートナーのコンジローマ

性病というのはひとりだけの問題にはならないことがほとんどです。性行為を介して...

尖圭コンジローマと間違えられやすい病気「フォアダイス」!

  尖圭コンジローマは、陰部にブツブツができることで発見される性感染症です...


イボと痒みがあったら注意!コンジローマのかゆみの症状ってどんな感じ?

触れるとわかる、膣や肛門の周りのブツブツしたイボ…わずかにかゆみも感じる!そ...

コンジローマが完治すれば妊娠は可能?それとも難しい?

性感染症や性器の病気にかかった時に気になることは妊娠・出産への影響はあるのかど...

カラダノートひろば

尖圭コンジローマ(HPV)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る