カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 男性の性病(STD) >
  5. コンジローマ完治までの期間にOKなこと、NGなこと

男性のカラダの悩み

コンジローマ完治までの期間にOKなこと、NGなこと

男性がコンジローマにかかった場合の治療期間は人によって違いがあるものの1-2か月から長ければ半年くらいと言われています。その後、3か月から半年は様子を見ることを考えるとコンジローマ完治までは大体4か月から1年半かかると考えられます。

コンジローマ完治までの期間にOKなこと、NGなことを見ていきます。

 

●基本的に生活は変えなくてOK

コンジローマは性感染症の中でもどちらかといえば症状につらさを伴わないタイプと言われており、生活上の制限はほとんどありません。コンジローマがまだ完治していないからといって生活の中で積極的に変えなければいけないことは性行為以外はほぼないと言えるでしょう。

ただ、コンジローマの原因ウイルスであるHPVは免疫力低下によって再発のリスクを高めますので出来れば免疫力の落ちやすい行動は避けておいた方が良いです。寝不足、栄養不足に気を付けて普段通り過ごせばOKです。

 

●性行為は医師のGOサインが出てから

コンジローマの治療をしていてよくなってきたとわかれば医師から性行為もOKとGOサインが出ます。そろそろ性行為はOKか気になるという場合は恥ずかしがらずに医師に直接聞くのもOKです。

それまでの間は特定のパートナーであっても、そしてコンドームをしていたとしても性行為はNGとなります。

 

●医師のOKが出ても不特定多数とはNG

医師のOKが出たとしても不特定多数との性行為はNGです。普通にしていても4人に1人は再発するというコンジローマの再発リスクをますます高めてしまうからです。

不特定多数との性行為および性風俗サービスの利用は治療が完全に終了するまでNGということを覚えておいてください。また、治療が終了してもその他の性感染症の罹患の可能性を考えるとパートナーは特定の人のみにした方がよいです。

 

コンジローマの完治までに性行為以外で生活上特に注意することはありませんが、強いて言うなら免疫力が落ちないように気を付けるとよいです。

性行為は医師のOKが出てから、コンドームをつけたうえで特定のパートナーとならOKです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/07/25/11/58/blue-166916_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性の性病(STD)に関する記事

女性のコンジローマの症状を男性が見つけたらすること

  コンジローマは性感染症のひとつで、その感染率は決して低くはありません。 ...

性器クラミジア感染症の第一対策はコンドーム!

  性交渉による粘膜接触で感染する代表的な性病である性器クラミジア感染症の...


そのオーラルセックスは危険?!オーラルセックスでぐんと上昇するがんの可能性

   ヒトパピローマウイルスは、従来は男性のがんの要因にはならないと考えられてい...

旅先での感染に気をつけて!アジアにおけるSTD(性感染症)の現状

旅行や仕事で訪れる海外。行きずりのSEXをしてしまったり、住んでる時に現地の人...

カラダノートひろば

男性の性病(STD)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る