カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 症状 >
  5. 神経痛の原因とその症状の分類~突発性神経痛と症候性神経痛とは?

関節痛・腰痛

神経痛の原因とその症状の分類~突発性神経痛と症候性神経痛とは?

まず最初に、神経痛とは末梢神経に沿って起こる激痛のことを指します。また、神経支配に関係なく生じる痛みにも、漠然と使われることが多いこの病名ですが、学術的にはいくつかの特徴が見られる場合だけを神経痛としています。

 

◆神経痛の特徴

激しく鋭い痛みが突然、ある末梢神経の支配領域に出現し、その痛みの発作は1回につき数秒~数分という短い期間で終わることが多く、発作が現れない無症状の時間を挟みつつ繰り返し出現します。

 

◆主な神経痛

三叉神経痛、坐骨神経痛、後頭神経痛、舌咽神経痛、肋間神経痛、顔面神経痛などがあります。

 

◆神経痛の分類

神経痛は突発性神経痛と症候性神経痛に分類されます。

 

・突発性神経痛

突発性神経痛は原因となる病名がわからず、神経痛そのものが病名として付けられる場合に使われます。ですから、末梢神経の機能を調べる検査を行っても、痛み以外の症状が認められることはありません。

 

・症候性神経痛

一方で症候性神経痛は、診断や検査などから神経痛の原因となっている病気が明らかになっており、その病気の症状のうちの1つとして神経痛のような痛みが生じる場合です。

 

腫瘍、炎症、骨の変形や外傷といった何らかの病気や怪我が末梢神経を刺激して、痛みを引き起こしているといえます。こういった場合、検査をすると痛みだけではなく、ふるえや痺れさらには筋萎縮といった神経症状も見られます。

 

症状だけでは症候性か突発性かを見極めることは困難なので、判別には詳しい検査をする必要があるのですが、そこまでして区別をつけるのは、それぞれで治療の方法が違うからです。

 

突発性の場合には最初から痛みを取り除くための治療が行われますが、症候性の場合だとその原因となっている病気の治療とともに痛みを抑える対症的な治療が行われます。

 

神経痛はその痛みが生じる部位により様々ありますが、それぞれの原因と症状をしっかりと確認することで、適切な治療を受けることが大切になってきます。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●片頭痛じゃない!耳の後ろの痛み「後頭神経痛」について

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

神経痛は自分では気づきにくい

  【筋肉痛の症状だと思っていたら神経痛だった?】   スポーツをして...

部位によって多種多様な症状が見られる神経痛 この症状って何の神経痛?

  手足や関節といった体の各部位が痛む神経痛は、秋から冬の季節にかけて増え...


あらゆる体の部位に起こる神経痛の症状とは?

神経痛と聞くと、なんとなく老年層の人がかかりやすいというイメージを持つ人は多い...

症状として神経痛を伴う疾患ってどんなものがあるの?

  末梢神経が圧迫されたり、あるいは炎症で刺激された箇所の神経にそって痛み...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る