カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 乾燥肌 >
  5. 食事 >
  6. ビタミンAは乾燥肌対策に良い?!潤い肌で美肌になるためのスキンケア

美容・ダイエット

ビタミンAは乾燥肌対策に良い?!潤い肌で美肌になるためのスキンケア

 

乾燥肌がひどい人は、外からのケアをいくらやっても肌が改善せず、そうしたケアに限界を感じるときがあるかもしれません。それであれば自分の内側から肌を潤す方法を選択してみてはどうでしょうか。

  

潤いのためのビタミンA

肌を潤す食べ物として、皮膚や粘膜の細胞分裂に関係する栄養素であるビタミンAを含んだものがあります。ビタミンAは視覚や細胞分裂に関わる他、抗酸化作用によって体内の酸化を防止してくれます。実はビタミンAとは総称で、その中にはレチノールと、体内でレチノールに変化するプロビタミンA(αカロテン・βカロテン・クリプトキサンチンなど)が含まれます。

 

ビタミンAの作用

ビタミンAは肌にどのような作用をもたらすのでしょうか。まずビタミンAは皮膚や口、のど、胃腸などの粘膜の細胞分裂を助け細胞を正常に保ってくれます。これは乾燥肌によってダメージを受けた細胞に有効です。また乾燥肌は外からのダメージを受けやすくなっています。つまり免疫機能が低下しているのです。ビタミンAはこうした免疫機能を正常に保つ働きもしてくれる成分で、皮膚や粘膜の細胞を正常にしてくれることから、細胞自体の免疫力を高めてくれます。細胞を正常にしてくれるということは、皮脂が適度に分泌されるようになり、ターンオーバーのサイクルが正常になって角質層の保湿力が高くなることを意味します。

 

ビタミンAは何でとれる?

レチノールは肉や魚などの植物性の食品に多く含まれており、プロビタミンAは緑黄色野菜や果物といった植物性の食品に多く含まれています。レチノールに関しては過剰摂取になると吐き気などを引き起こすことがあると言われますが、これは食品から摂取する分にはあまり気にする必要はなく、サプリメントから摂取する場合には注意が必要になります。

 

食べ方も大事

レチノールは油脂に溶けやすく、光や酸素、熱、酸によって壊れやすい性質があります。一方プロビタミンAの代表のβカロテンは熱や酸には比較的強い性質があります。

  

肌が乾燥する人は、ビタミンAを含む食品を意識してとるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/17-380971.php?category=54])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

乾燥肌の人は旬なものを食べるといい!?~体の内側から乾燥肌対策~

乾燥肌の人でも、こまめな外からのケアはしていても、食事ケアまで考えている人は多...

肌の乾燥…乱れた食生活していませんか?食生活による肌トラブル

    「肌が乾燥してカピカピ・・・」「なんで乾燥の時期ってこうなるのかな?...


高齢の乾燥肌にはムチンがよい?

  みずみずしい肌を得るためには、肌を構成する栄養、つまり食事にも十分に気を使...

生活の中でできるお肌の乾燥予防とは?スキンケアとインナーケア

  お肌の乾燥が気になる季節。化粧水やクリームで保湿するほかに、どんなこと...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る