カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 蕁麻疹 >
  4. お風呂に入ると体がかゆくなる…なぜ??温熱蕁麻疹や寒冷蕁麻疹とは

アレルギー

お風呂に入ると体がかゆくなる…なぜ??温熱蕁麻疹や寒冷蕁麻疹とは

 

冬は暖かいお風呂につかるのが気持ちいいですよね。でもなぜかつかっていると体がかゆくなってくることがあります。虫に刺されたわけでもないのに、何が原因なのでしょうか。

 

寒いところから暖かいところへいくと体がかゆくなる

熱いお風呂に入ったり、外から帰ってきてヒーターに当たったりして体が温まってくると、ぽつぽつと赤い発疹が出てくることがあります。また、スポーツをするとかゆくなることもあります。皮膚が少し赤くなり、我慢できない痒みに襲われることもあります。かくとさらにかゆくなり、広範囲に赤みが広がってしまう場合もあるでしょう。そうなると落ち着くまで時間がかかってしまいますよね。

 

温熱じんましんという症状かも?

温熱じんましんとは体温上昇が原因で発症する症状で、皮膚の温度が40~50℃くらいにあがる症状を指します。じんましんとは体が外からの刺激に敏感に出るアレルギー反応のことです。こうしたアレルギー傾向の人は、皮膚が異常を感じ取ると過剰にヒスタミンという物質が分泌されます。ヒスタミンは血管を拡げて皮膚を赤くさせ、痒みを伴うじんましんを発症させます。

 

対処法は?

上記のような症状が出て、かゆくて掻いてしまうと、さらに真っ赤になり、痒みも増してしまうのです。熱いお風呂も気持ちいいものですが、シャワーで済ませれば、ほぼ発症はしないでしょう。また、発症してしまったら、お風呂上りに冷やしたタオルなどで体温を下げる工夫もしましょう。こうした症状が出る人は寒いからといって厚着をしすぎてもいけません。温度差をあまり体に感じさせないようにしましょう。

 

皮膚科へ受診すれば、かゆみをおさえる内服薬、軟膏を処方してくれますので、1度受診することをオススメします。

 

寒い季節は要注意!温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹とは体温よりも温かいものに触れることで起こる蕁麻疹です。この温熱蕁麻疹は冬に多く発症します。

 

一度温熱蕁麻疹を発症してしまうと、お風呂や温風などの刺激でさえ蕁麻疹が発症してしまう原因ともなり、繰り返し、蕁麻疹に悩まされるという人もいます。

 

症状は、主に蚊が刺したときのような皮膚の赤味と軽い腫れ、強いかゆみを伴います。

 

温熱蕁麻疹の原因は身近にある!?

・コタツやヒーターなどの暖房器具

・お風呂

・カイロ

冬場私たちの体を温めるためのものが、蕁麻疹を引き起こしてしまうのです。特に気温が低い場所から高い場所へ移動した際でも、体の温まりで発疹が出現します。

 

発疹ができる原因は、ヒスタミンという物質が集中してしまうことです。体温の上昇や発汗が元でヒスタミンが分泌されてしまうので、入浴後や運動後、暖房器具のある部屋へ入ったあとは要注意です。

 

普通の蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違いは?

アレルギーが原因で発症する蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違いはあるのでしょうか?実はアレルギーが原因の蕁麻疹だったとしても、体の温まりでひどくなりますので、温熱蕁麻疹との違いはハッキリと分かりません。

 

温熱蕁麻疹と思っていた蕁麻疹が、実は食品アレルギーだったというケースも少なくありません。何が原因で蕁麻疹が起こっているのかは、普段の生活をじっくり観察する必要があります。

 

まずは蕁麻疹を繰り返す発症するようになったら、皮膚科を受診し、薬を処方してもらうことです。蕁麻疹を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン剤を服用することで、蕁麻疹は治まります。

 

痒みによってかきむしっていたりした場合は、症状を抑える塗り薬を処方してもらうこともできます。そして何よりも大事なのが原因を除去すること(控えること)です。

 

温熱蕁麻疹は急激な温度変化が発症のきっかけとなります。

 

対策

・ストーブに近づきすぎない

・お風呂を熱くしない

・コタツにはなるべく入らない

など、自分の症状に合わせて原因を除去すべきです。そして他の原因がないか生活をじっくり観察してみましょう。

 

食品によるものの場合、除去食を検討すべきですので、何をしたとき(食べたとき)に蕁麻疹が出たかを記録しておくとよいでしょう。

 

激しい温度変化が蕁麻疹を引き起こす…冬に多い蕁麻疹!寒冷蕁麻疹って何?

アレルギーによって起こる蕁麻疹は知っている人も多いはずです。

主に食品やハウスダストが原因となり、原因を除去することによって症状を鎮めたりします。しかし、温度が引き金となる寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)を知っていますか?

 

原因は寒さ!?寒冷蕁麻疹とは

寒冷蕁麻疹は冷たい水や風など、体温よりも低いものや空気に触れたことで発症します。また、冷えた体を急激に温めることで発症することもあります。いずれの場合も冬場に発症しやすいようです。

 

寒冷蕁麻疹の症状

症状としては、皮膚が赤くなり、腫れやかゆみを引き起こします。

時間がたてば症状が緩和することもあれば、悪化し猛烈なかゆみや痛みを起こすこともあります。

 

激しい温度変化がなぜ蕁麻疹を引き起こすのでしょうか?

それは血管の周辺の細胞を刺激されたことでアレルギーの原因となるヒスタミンという物質が放出されます。

 

冷えた床に触れると足の周りに・・・、外出すると顔が腫れたり・・・、薄着をすると体中が痒くなったり・・・

 

寒冷蕁麻疹になりやすい体質の人は、冬になると蕁麻疹が出る機会がとても増えます。

寒冷蕁麻疹は長期間長く続くことは少なく、ほとんどの場合が原因である寒さが解消されると症状が落ち着きます。

 

しかし発生した箇所をかいてしまうと、更なるかゆみが発生したり広がることもあります。刺激によって皮膚炎のような悪い状態になるので気をつけなければなりません。

 

寒冷蕁麻疹の治療と対処

寒冷蕁麻疹の治療方法は、通常の蕁麻疹などアレルギー症状を抑える薬と同様のものを使います。花粉症にも使われている抗ヒスタミン剤が有効のようです。その他、日常生活では寒冷蕁麻疹が起こる原因となる冷えから身体を守るようにしましょう。

 

一度寒冷蕁麻疹が出てしまうと、温めるなどの処置がすぐに効かないことが多いようです。蕁麻疹のできやすい体質の場合は、抗ヒスタミン剤などの薬を常備しておくと良いでしょう。

 

これって温熱蕁麻疹!?皮膚への刺激は避けよう~温めすぎないように!

あれっ!?これは蕁麻疹かな!?と思ったら下記の症状をチェックしてみましょう。

・蚊に刺された様な膨らんだ発疹

・ちくちくとした痛みや痒み

・徐々に拡大していく

・発疹は出たり引いたりを繰り返す

・皮膚に温熱や寒冷の刺激があった

これにあてはまればだいたいの場合、温熱性蕁麻疹です。温熱性蕁麻疹とは、熱などの皮膚への刺激によって起こるものです。熱が皮膚への刺激をし、蕁麻疹を起こすヒスタミンという物質が分泌され蕁麻疹を発症します。

 

暑さと蕁麻疹の度合いは比例せず、わずかな刺激でもひどい蕁麻疹を起こすことがあります。

 

他の原因がないかじっくり観察しましょう

なぜかというと、温熱の刺激があったら必ずしも温熱蕁麻疹とは限らないからです。まずは、食品や金属などの物質によるアレルギー反応ではないかを観察しなければなりません。

・卵や小麦、乳製品などのアレルギーを起こしやすい食品を食べたかどうか?

・金属などに触れた部分に限定して発疹ができていないか?

・ヒスタミンを多く含む食品(マグロやぶりなどの魚介類)を食べたか?・・・魚介類によるものを、ヒスタミン食中毒と呼ばれます。

他にもチョコレートなどの豆科の植物やたけのこなどに含まれるヒスタミンで蕁麻疹が起こることもあります。

 

このように、何か一つあてはまるようなことがあれば、他のアレルゲンによって蕁麻疹が引き起こされ、温熱によって悪化しているかもしれません。温熱蕁麻疹かな!?と疑ったとしても、まずは他のアレルゲンがないかを確かめることが重要ですね。

 

蕁麻疹治療法

・温熱蕁麻疹の場合

皮膚への刺激となったものを避けることです。熱いお湯やカイロなど皮膚を急激に温めるものを控えるようにしましょう。そして、蕁麻疹が起きてしまった場合は、ヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン剤を服用すると良いでしょう。

 

・アレルギーによる蕁麻疹の場合

アレルギーの対象となった食品や物を除去すべきです。特定に困難を極めますので、アレルギー外来などのある病院を受診し、特定させることが治療への近道です。そして、温熱蕁麻疹と同様蕁麻疹出た場合は、抗ヒスタミン剤でヒスタミンの分泌を抑えます。

 

蕁麻疹が出た場合の対処法は、原因によらず一緒です。蕁麻疹が出てなかなか治まらない場合は、病院を受診し、原因を特定させましょう。

 

こんな人は温熱蕁麻疹になりやすい!?当てはまる人は冬に注意!

冬場は皮膚と外気温の温度差が激しい時期です。しかも冬は、湿度が低いため乾燥していて肌が荒れています肌が敏感になっている時期だからこそ、蕁麻疹になりやすい体質の人は注意が必要です。

 

冬に多い温熱蕁麻疹ですが、どのような状況で起こるのでしょうか?

 

温熱蕁麻疹が起こりやすい状況

・カイロやストーブなど特定の場所が急激に暖まる場合

・外気温がとても低い日、一気に暖かい部屋へ移動した場合

・冷えたからだで、熱いお風呂に入った場合

・温かい飲み物を飲んだとき

・急激に体が暖まる運動をした場合

 

なりやすい人はこんな人!

・血行不良

・寒がり

・痩せている

・敏感肌

・乾燥肌

 

冬場は体の乾燥の刺激と温熱の刺激で、蕁麻疹を発症しやすくなります。冬場は少し辛いですが、体を急激に温めるという行為は控えるべきです。

 

一度できてしまった蕁麻疹を治めるには、抗ヒスタミン剤の服用か患部を冷やすことです。しかし冬場に体を冷やすことは避けたいので、抗ヒスタミン剤を病院で処方してもらうほうが良いでしょう。

特に外で繰り返し蕁麻疹を起こすようになると、ストレスによって更に悪化することがあります。薬に頼って治療をしましょう。

 

抗ヒスタミン剤を飲むときの注意点

そもそも蕁麻疹はヒスタミンという物質が関わり、寒さや暑さ、アレルゲンとなる食品などの原因により、皮膚の細胞からヒスタミンが分泌されます。このヒスタミンは神経を刺激するため、皮膚のかゆみや痛み、腫れなどを引き起こします。

 

そういうときはヒスタミンの分泌を抑制する抗ヒスタミン薬の出番です。抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを低下させます。

 

しかし抗ヒスタミン薬を飲むときの注意点として、自己判断での投薬を中止しない・自己判断で量を減らさないようにしましょう。自己判断での投薬中止や減量は、再発しやすい状態へとなる恐れがあります。

 

抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気がきたりします。そのせいで投薬を中止したり減量をしたりしているようです。

 

眠気が辛い場合や仕事で飲めない場合は、眠気の副作用の少ないタイプの薬もありますので医師へ相談しましょう。

 

温熱蕁麻疹の人は、冬場が最も辛い時期です。薬とうまく付き合い、血行不良などの体質を改善することで蕁麻疹が出ないようにしましょう。

 

寒くなったら出る寒冷蕁麻疹ってどんな時に症状が出る?原因から対処法まで解説

寒い時期になると肌のトラブルが起こりやすくなります。しかしその症状があまりにもかゆみが強かったり、ミミズ腫れのように腫れあがるときには、ただの肌トラブルではないかもしれません。今回はそんな寒い時期に起こるトラブルの一つ「寒冷蕁麻疹」の症状、原因、そして対処法について解説します。

 

寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)の原因

蕁麻疹は色々な原因によって起こります。寒冷蕁麻疹は、その名の通り寒さが蕁麻疹の出るきっかけになります。しかし、寒さが原因とわからないまま蕁麻疹の症状だけに悩まされ、「寒冷蕁麻疹」であることに気づかない方は多いようです。

 

寒冷蕁麻疹の症状

寒冷蕁麻疹で出る症状は通常の蕁麻疹とほとんど同じです。

・赤くなる

・かゆみ

・小豆ほどの膨疹

こうした症状が見られます。最初は鳥肌のような小さなブツブツから始まることが多いです。しかし、その段階で引っかいてしまって、かゆみや膨疹を悪化させてしまうこともあります。

 

こんな時&こんな場所に症状が出やすい

寒冷蕁麻疹ではどんな時に症状が出るかがとても大切です。症状が出る場所は局所的なこともあれば、全身に出ることもあります。

・寒い日に裸足でフローリングを歩いたときの足

・冷たいコップを持った手

・冷たいものを食べたときの唇

・水で洗い物をした手

・室内から室外に出たときの顔

・暑い室外からエアコンの効いた室内に入ったとき

・運動して汗をかいた後、冷たい風で体温が下がったとき

・湯船から脱衣所に出たとき

基本的に蕁麻疹が出る場所としては、「手足」「太もも」「お腹」「背中」といった場所に症状が出やすいものの、症状が出る条件には個人差があります。大きい温度差を感じたときだけ症状が出ることもありますし、ちょっと低い温度でも症状が出ることがあります。

 

こんな人に起こりやすい

寒冷蕁麻疹が起こりやすい人には次のような特徴があります。

・汗をかきやすい

・鳥肌が出やすい

・寒がり

基本的に寒い環境が苦手という方に、寒冷蕁麻疹が起こりやすいと言えそうです。

 

蕁麻疹が出たときの対処法

いざ寒冷蕁麻疹が出た場合には、どう対処するのがよいのでしょうか?

 

1. 温める

蕁麻疹が出た場合、冷やすと症状がよくなることが多いです。しかし寒冷蕁麻疹は冷やすと逆効果になってしまうので、温めるようにしましょう。

 

2. 薬を使用する

ちょっとした低い温度でも蕁麻疹が出てしまう場合には、何度も蕁麻疹に悩まされることになります。その場合には医療機関で抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方してもらうことができます。場合によっては漢方薬を処方されることもあるでしょう。

 

寒冷蕁麻疹のセルフケア

寒冷蕁麻疹だと分かった場合、普段の生活の中でセルフケアをしてあげることも必要です。

 

1. 寒暖差を少なくする

暖かい場所から寒い場所に行くとき、その寒暖差が少ないようにしましょう。環境の方を変えるのが難しければ、温かい場所では汗を無用にかかないように薄着でいます。そして寒い場所ではもちろん、温かい格好をして体温の低下を防ぎます。

 

2. 冷える場所をガード

フローリングに裸足で蕁麻疹が出てしまうなら、スリッパをはいてガードしてあげましょう。寒い時期にどうしてもさらされてしまう手や首も、手袋やマフラーなどで覆い、できるだけ外気に触れる場所を少なくします。

 

3. 皮膚の乾燥にも注意

寒冷蕁麻疹は寒い時期に起こりやすいです。そのため、皮膚の乾燥も同時に起こりやすく、それでかゆみなどの症状が悪化してしまうことがあります。保湿クリームを塗ったり、部屋を加湿したりして皮膚の乾燥に対策してみてください。

 

こんな時には病院へ

寒冷蕁麻疹は症状が出ないようにセルフケアをすることもできます。一方で次のような、血管性浮腫と呼ばれる唇やのどなどの腫れを起こすケースもあります。次のような場合、消化器官に浮腫が起こっている可能性があるときにはすぐにでも診察を受けましょう。

・息苦しい、呼吸困難

・意識障害、めまい

・身体のむくみ

・のどの強いかゆみ

・吐き気、下痢

・脈の乱れ

他にも蕁麻疹が起こるたびに範囲が広がっていったり、程度が強い場合には病院で一度診てもらいましょう。

 

寒冷蕁麻疹は完治するの?

子どもの寒冷蕁麻疹の場合、特別な治療をしなくても成長とともに症状が出なくなっていくこともあります。一方で、寒冷蕁麻疹の背景に、ヘルペスやリウマチ、ウイルス性肝炎なおの病気が隠れていることもあります。特にこれは中高年に多いようで、その原因となっている病気を見つけて治療することで、寒冷蕁麻疹も出なくなることがあります。

 

毎日こまめにケアをして対策を

寒冷蕁麻疹は暑い時期にも、冷たいものを食べたときなどに起こることがありますが、やはり症状が出ることが多いのが冬の寒い時期。寒くなってくると乾燥での肌トラブルも増えてきてくるので、ぜひ今回ご紹介した対処法などを参考にケアをしてみてください。あまりにもひどい症状の時は病院に行くことをオススメします。

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蕁麻疹に関する記事

じんましんの症状

じんましんは皮膚に出る病気のひとつで、皮膚病に分類されています。アレルギー性疾患...

カラダノートひろば

蕁麻疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る