カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 耳の奥が痛い…「中耳炎」の症状とは?

育児・子供の病気

耳の奥が痛い…「中耳炎」の症状とは?

 

 

風邪をひいたあとで耳の奥に痛みを感じたら、中耳炎かも知れません。また赤ちゃんや子供は中耳炎にかかりやすいため、育児中には注意しましょう。

 

 【中耳炎の症状】
・耳の奥から膿みが出る
・臭いがある
・耳の奥が痛い
・発熱、頭痛をともなう

 

【中耳炎の原因】
風邪などの細菌が鼻(鼻水)から耳管を通じて中耳(鼓膜の裏側)に到達し炎症を起こします。そこで膿みがたまり、鼓膜を破って耳の外へ垂れてきます。膿が鼓膜を破る直前に、ズキズキとした激しい痛みを感じます。

 

【治療】
急性中耳炎、滲出性中耳炎に対しては3日ほどで自然に回復することもあるため、様子をみます。3日経過しても治らない場合は抗生物質を投与する治療が必要です。
重症化(慢性中耳炎など)に対しては、手術が必要になることもあります。放置すると硬膜外炎・敗血症などに発展してしまう可能性もあります。

 

【赤ちゃんの中耳炎】
赤ちゃんは耳管がまだ短く、風邪をひいた後で中耳炎にかかりやすい上、自分では痛みを伝えられないので注意が必要です。疑いがあればすぐに耳鼻咽喉科か小児科にかかりましょう。放置は危険です。

 

<こんな様子に注意>
機嫌が悪い

激しく泣く
・耳だれ(黄色い膿み)が出る
耳がくさい
・耳をさわる
・頭を左右に振る
・声に反応しにくくなる
・ミルクを飲まない

 

 

~聞こえにくい不快感~
中耳炎になると中耳内に水がたまるので、耳の聞こえが悪くなります。また自分が歩く音や食べる音が反響し、煩わしく感じます。耳鼻科での診察は医師の所見によることが多く、耳の腫れで水がたまっている部分を見落とすこともあるため、きちんと症状を伝えましょう。

 

(photo by 筆者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

急性化膿性中耳炎と慢性化膿性中耳炎、何が違う?原因と症状解説!

「化膿性中耳炎」という病気を、聞いたことがあるでしょうか? 「化膿性中耳炎」と...

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎何が違う?乳幼児特有の原因と 症状の見極めかた

「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」という鼻の病気を、聞いたことがあるでしょうか? ...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る