カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 周期・リズム >
  5. 月経トラブルは食事のリズムを作ることから!

女性のカラダの悩み

月経トラブルは食事のリズムを作ることから!

月経のトラブルを抱えている人によく見られるのが、朝食を抜いたり、ダイエットで食事量を減らしたり、スナック菓子などの間食が多かったりなどの、食生活の乱れです。

食事のリズムが崩れると、一日の生活そのものが乱れていきます。

 

生活が乱れれば、体を整える自律神経が乱れ、更には女性ホルモンの不調を引き起こし、月経のトラブルが増えてしまうのです。

 

食事の時間を決める

まずは、一日三食を大体決まった時間に取りましょう。

そうすることによって、自律神経のリズムも整い、自然と体に備わった本来の機能が働き始めるはずです。

 

朝はフルーツや野菜を

朝食にはフルーツや野菜を食べるのがおすすめです。

ビタミンやミネラル、食物繊維、糖、水分など、必要な栄養素を取ることができます。

 

昼はとにかく時間を守る!

昼食は、仕事や家事などの都合もあり、食べられないことも多いです。

とにかく時間になったら食べるということを心がけましょう。

 

夜はタンパク質を

夕食には、魚や大豆などのタンパク質をしっかりとります。

寝ている間に体の細胞が生まれ変わるので、夜に良質なタンパク質を取ることで、女性ホルモンの生成を促すことができるのです。

 

あえて間食するのもOK

仕事や家族に合わせていると、どうしても夕食の時間が遅くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、そこでお腹が空いてスナック菓子を食べてしまったり、ケーキをドカ食いしてしまったら太ってしまいます。

あらかじめ、間食として甘いものやナッツ類などの量を決めておくことによって、食べ過ぎやドカ食いを防ぐことができるでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周期・リズムに関する記事

予定に生理がかぶりそう…そんなときに実践してみたい「生理を早める方法」

楽しいイベントや大事な予定に生理がかぶりそうになったとき、生理がそれよりも前...

高温期って何度?期間は?体はどう変わる?生理が始まっても高温の場合、理由は?

生理前にイライラしたり、排卵日にお腹が痛くなったり、月に1回生理が来たり…女...


生理が2日で終わる…生理が短い場合の原因と対処、考えられる病気や妊娠の可能性

毎月憂鬱な生理ですが、生理が2日、3日で終わってしまった、異常に短い、いつもと...

過少月経・過短月経と症状が似ている病気

過少・過短月経を引き起こす病気 女性ホルモンの異常により排卵されずに無排卵月経...

カラダノートひろば

周期・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る