カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 対処法 >
  5. 神経痛の対処法は適度な運動!神経痛に運動がいいのはなぜ?

関節痛・腰痛

神経痛の対処法は適度な運動!神経痛に運動がいいのはなぜ?

 

神経痛の痛みは辛く、またその痛みの発作がいつ起こるかわからないことから、どうしても痛みが生じる患部をかばうことを第一に考えてしまい、ついつい運動を避けがちになってしまいます。

 

しかし、適度な運動は神経痛の予防・対処法としての運動療法はとても効果的な手段で、さらに再発防止にも繋がるとされています。

 

◆神経痛の対処法としての運動はどうすればいいの?

神経痛の運動療法の基本は、まず萎縮してしまった筋肉を強くすること、また柔軟性を高めることですから、特別なことをしなければならないということはありません。

 

例えば、坐骨神経の周りにある筋肉、つまり腹筋や背筋、太ももやふくらはぎの筋肉のストレッチが坐骨神経痛に効果的な運動とされています。

 

あくまでも、痛くならないギリギリのところまで、無理のない程度伸ばすようにしましょう。そうすることで腰や足の筋肉を徐々に柔らかくしていくと、神経痛の症状は少しずつ緩和されていきます。

 

◆更に効果的な運動とは?

上記のようなストレッチによって柔らかくなった筋肉は、ウォーキングやジョギングをすることで徐々に強くしていくと、神経痛の対処法としては効果的だと言えます。

 

また、腹筋や背筋を鍛えることでも効果が期待できるそうですが、自分が健康な状態でできる回数の約7割を意識して行うと良いとされています。

その他にも、身体への負担が少ない水中運動や、体幹をしっかり意識できる呼吸法などは、運動が苦手だという方でも無理なくできる運動かもしれません。

 

◆神経痛に運動がいいのはなぜ?

運動不足で筋力が低下すると、それに比例して骨格を支える筋肉も減ってしまい、骨格を正しい位置で保つことが難しくなり、結果的に骨格を歪ませてしまうことになります。

 

そうなってしまうと、骨自体が神経を圧迫しやすくなり、神経を損傷させる可能性も高くなってしまいます。

 

ですから、神経痛のある方は少しでもいいので無理の無い範囲で運動を続けることを心がけてみるといいのではないのでしょうか?

 

しかし、いきなり激しい運動をするというふうに無理をしてはいけません

また、痛みが普段より激しい時やしびれがある時、急性の場合などは絶対安静が必要ですので運動はできません。ですから、焦らず、自分が無理せずに出来る範囲から徐々に始めてみましょう。

 

また、運動中に少しでも痛みや違和感を感じたら、医師に相談しましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/11/18-373155.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

温度・気圧・湿度が大きく変化することが原因?~梅雨時期の関節痛~

   梅雨時期に起きる関節痛は何が原因なのか見ていきたいと思います。  ...

神経痛の対処法には漢方も効果的?神経痛に効くオススメ漢方

  一度痛みの発作が生じてしまうと、その激しい痛みによって辛い思いをしなけ...


パソコン世代に起こりがち!坐骨神経痛チェック

  【坐骨神経痛チェック法】   坐骨神経痛は意外にも痛みを抱える人が...

タバコやアルコールが神経痛を悪化させる?

 煙草やアルコールなどの嗜好品は神経痛だけでなくあらゆる病気に悪影響を及ぼしま...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る