カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 飲む前に!肝臓を丈夫にしておくために

気になる病気・症状

飲む前に!肝臓を丈夫にしておくために

 

摂取したアルコールを適切に分解できれば二日酔いは起こりません。逆に摂取したアルコールの量が、体が分解できる量を超えてしまっては分解できないアルコールが体の中に残り、二日酔いになってしまうのです。

 

 

予め肝臓を丈夫にしておく

人それぞれアルコールを分解できる量は異なりますが、その中でも肝臓の機能を整えておくことが重要です。お酒を飲むに先がけてサプリメントなどで以下のような成分をとっておきましょう。

 

クルクミン

…クルクミンとはポリフェノールの一種であり、ウコンなどに含まれている黄色い色素成分です。クルクミンは肝臓の解毒機能を強化する働きがあり、胆汁の分泌を促進してくれます。クルクミン自体はそのまま摂取してもあまり吸収率は高くないとされています。他にも光にあたると褪色しやすい性質や、独特の味、においがあることなどから食品や飲料などでの摂取が難しいです。そのためサプリメントや飲みやすくしたドリンクなどで摂取するのがよいでしょう。クルクミンは特に予防的に接種するのが効果的で、飲酒の前に肝機能を強化しておきましょう。

 

セサミン

…セサミンはゴマに含まれる抗酸化物質の一種です。セサミンには肝臓の機能を高める働きがあり、酸素の働きをサポートしてくれる働きもあります。これによって二日酔いや悪酔いを予防することができ、酸素が良く働くことによって肝臓への負担を軽減してくれます。ゴマだったらゴマを摂取すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、セサミンの1日の摂取目安量は10mgで、ゴマ3000粒分になります。そのためサプリメントなどで摂取しておく方が効率的と言えるでしょう。

 

 

予防的に肝臓を強くしておくことは、後から二日酔いに対処するよりも肝臓の負担が少なくなりますので大事なことです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/04/02-001360.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

肝臓の働きを高める胃腸薬は二日酔いにも効く

    胃腸薬と一口に言っても使用されている成分や効き目はそれぞれ異なっ...

二日酔いの吐き気に速効で効くツボ

    二日酔いにも様々な症状がありますが、最も深刻なのが二日酔いによる...


肝臓回復に期門のツボ!

肝臓に効果的なツボ 二日酔いのとき、体の中で肝臓が一生懸命にアルコールを分解し...

悪酔いや二日酔い防止の強い味方!お酒を飲む前にはトマトを!!

健康や美容効果満点のトマトに、悪酔いや二日酔い防止の効果もあることを知ってい...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る