カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 症状 >
  5. 気になる関節の痛み…リウマチかどうか判断する基準とは?

関節痛・腰痛

気になる関節の痛み…リウマチかどうか判断する基準とは?

関節が痛いと、誰しも「もしかしてリウマチかしら?」と不安になるかも知れません。しかし、関節痛の多くが年齢的な変化によるものか、リウマチ以外の関節炎です。では、リウマチかどうかはどのようにして診断するのでしょうか?

 

リウマチ診断の7つの目安

リウマチの診断は、症状が少ないときや病気の初期にはむずかしいといわれています。それは、「この症状があるからリウマチである」というものがなく、多くの症状がそろったときにリウマチを疑うためです。


リウマチの診断には、アメリカ・リウマチ協会の診断基準が一般的に使われています。

 

リウマチの診断基準

1:朝のこわばり

朝起きて、少なくとも1時間以上、手を開いたり握ったりする動作が関節でこわばって、できない状態。

 

2:3か所以上の関節の腫れ

全身の関節のうち、肩、指、ひざというように、同時に3つ以上腫れてくる。

 

3:リウマチ特有の手指の関節の腫れ

手の関節のうち、すくなくともひとつの関節に腫れがある。

 

4:左右対称性の関節の腫れ

左右の同じ関節が同時に腫れてくる状態。ただし、時期が少しずれる場合もある。

 

5:レントゲン写真でのリウマチ特有の変化

手指のレントゲン写真で、関節の部分が虫食いのように写る(発病後1年で30%の患者にみられる症状)。

 

6:リウマトイド皮下結節

ひじ、ひざ、後頭部などの骨がでぱった部分の皮下に、米粒から大豆、親指くらいの大きさのこぶがある。

 

7:リウマチ因子(リウマトイド因子)が陽性

血液中にリウマチ因子がある。関節リウマチ患者の60~80%が陽性となる。

 

上記の7つのうち、4つ以上の症状があるときに慢性関節リウマチと判断されます。
1~4までは、少なくとも6週間の持続があることとされています。

 

実際には医師による診察のほか、血液検査やレントゲン検査のデータなどを組み合わせて、関節リウマチかどうかを判断します。

 

慢性的な関節痛に悩んでいる人は、不安なまま放置したり、鍼灸治療院や民間療法で軽減を試みる前に、医療機関を受診してみると安心です。

 

「関節痛・腰痛」で人気の記事はこちら

●リウマチの初期症状~この痛みがリウマチのはじまり?


photo by://www.ashinari.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

手首に違和感・・・痛む・こわばる、原因は?

  特に何もしていないのに、朝起きると手首がこわばった感じがする。 ぶつけた...

リウマチの痛みを和らげる、日常生活の工夫

関節リウマチに悩んでいる日常生活で、より快適に過ごすための工夫や注意点とはどの...


膠原病の一つ「関節リウマチ」とは?

リウマチと聞くと女性やお年寄りがなる病気というイメージがないでしょうか。リウマチ...

だるさ、熱っぽさ…関節痛だけではない「リウマチ」の症状

リウマチと聞くと、関節が痛くなるイメージでしょうか?しかし実際、リウマチは全...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る