カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 妊娠中に性感染症になってしまったら…? 妊娠中でもできるコンジローマ治療とは?

妊娠・出産

妊娠中に性感染症になってしまったら…? 妊娠中でもできるコンジローマ治療とは?

性感染症の数は多く、パートナーがいて性行為をしている限り絶対に性感染症にならないとは言い切れません。性感染症をできるだけ防ぐ努力をしていてもなるときにはなってしまうといわれることもあります。

 

もしも妊娠中に性感染症になったら、気になることは胎児への影響ですよね。コンジローマに感染した場合には胎児への影響はほとんどありません。

唯一、産道感染のリスクがありますので帝王切開での出産を行うケースが多いです。

 

●妊娠中のコンジローマ治療

妊娠中のコンジローマの治療で妊娠中以外のコンジローマの治療と特別に違うことはありません。妊娠中であっても手術でいぼを焼切るなどの治療が一般的に行われており、リスクが特段高いわけでもないので安心して手術を受けてください。

 

ただ、妊娠初期は特に薬による胎児への影響が大きいので手術が採用されることが多いです。

薬による治療よりも手術による治療の方が1回でいぼを取り切れるというメリットもあるので、怯えずに手術を受けましょう。

 

●ストレスを抱え過ぎない

妊娠中は普通にしていても敏感になりやすい時期ですし、つわりなどでストレスが溜まりやすい時期でもあります。

そんなときにコンジローマにかかってしまうと『赤ちゃんに申し訳ない』『帝王切開は不安』『どうしてこんな大事な時期に性感染症になったんだろう』とますますストレスを溜めたり悩んでしまう方も多いようです。

インターネットで妊娠中の性感染症の体験談を見てみると、恥ずかしい、申し訳ないと感じる妊婦さんも少なからずいることがわかります。

 

ですがストレスを抱えることこそ赤ちゃんに対して悪影響です。妊婦さんのストレスは赤ちゃんのストレスになってしまいますので、上手にストレス解消しながら妊婦生活を送りましょう。

 

妊娠中のコンジローマの治療は手術でコンジローマのいぼを焼切るのが一般的です。妊娠中以外の治療法とそれほど違いはありません。

妊娠中にコンジローマになると胎児への影響がほぼないとわかっていてもストレスを抱えやすいのでストレス対策をしましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

お腹の子供のためにも水痘予防!

産道感染によって感染することが多いですので先天性水痘症候群は起こりにくいので...

感染症の影響で、胎児が小頭症になる?!中南米で流行流の「ジカ熱」にご用心!

妊婦さんは妊娠中の「感染症」に注意していることと思います。 不用意に薬を飲めな...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る