カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. 温度・湿度・空気・栄養源が原因?!~加湿器で増えるカビ~

アレルギー

温度・湿度・空気・栄養源が原因?!~加湿器で増えるカビ~

 

冬の乾燥対策として、秋口から加湿器を使い始める人もいると思います。しかし加湿器を使用する上で考えなければならないことにカビの問題があります。

 

 

室内のカビが発生するには

室内でカビが発生するためには4つの条件が必要になります。

温度/湿度/空気/栄養源

カビは0度以上であれば活動できます。そしてカビの増殖には2530度が適温です。この温度は冬で考えればそこまで達しないと考えるかもしれませんが、室内ですから冬でも容易にこの温度に達することがあります。

湿度に関しては、カビが活発に増殖するためには7080%以上の湿度が必要と言われています。こうした湿度は人にとっては少し不快な湿度で、人が心地よい湿度は4060です。

空気というのは酸素とほぼ同義で、カビも酸素がなければ生きていけません。

カビが増殖するためには、栄養源になるものが必要です。栄養源になるものとしては木材や食品、繊維、鉄など様々で、家の中にあるものであればほとんどがカビの栄養源になります。

 

カビと加湿器

冬は乾燥するからと加湿器をまわします。加湿器は当然室内の湿度を上げますし、湿度が上がれば室内の温度も上がります。このときに温度が高くなりすぎるとカビにとって好環境が整ってしまいますので、調整に気を配らなければいけません

 

どんな場所にカビ?

カビが発生しやすい場所には収納スペース水回り、あまり日の当たらない部屋などがあります。押し入れなどは特に生じた湿気がたまりやすく、定期的に換気する必要があります。キッチンや浴室などの水回りは高温多湿の環境が生じやすく栄養源も多いので、常に除菌などによってきれいにするとよいでしょう。あまり日の当たらない部屋は温度が上がりにくくなり、他の部屋との温度差によって結露が生じやすく、カビが生じやすい環境ができます。そのためよく掃除をしたり、換気を意識して行う必要があります。

 

 

カビはややもすると病気を引き起こすこともありますから、適度に使用するようにしましょう。

 

  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/06/10-363170.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

布団のカビ対策4選

  長期間敷きっぱなしの布団を久々にめくったら、敷布団の裏面がかびていたという...

寒暖差による結露の予防が大切!戸建てのカビ対策について

  冬の間は家の中の湿度が高くなりがちです。湿度が高いこと自体は風邪予防や乾燥...


カビが原因で起こるアレルギー性鼻炎

ハウスダストにも含まれることがあり、アレルギー性鼻炎の原因になるのがカビです。...

カビアレルギーで最も起こりやすい‘アレルギー性気管支炎アスペルギルス症’

    アレルギー性気管支炎アスペルギルス症は、アスペルギルスという菌によっ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る