カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. 加湿器によって部屋の中にカビが!カビを発生させないための加湿器の使用法

アレルギー

加湿器によって部屋の中にカビが!カビを発生させないための加湿器の使用法

 

冬になると乾燥対策や風邪対策として加湿器を使う家庭は多いと思います。しかし使い方によっては加湿器の加湿によって部屋の中にカビを生じやすくなるということを心得ておきましょう。

 

 

カビの怖さ

たかだかカビが発生するくらいと考える人もいると思います。カビは様々な病気の原因になることがあります。軽い症状のもので言えばカビ胞子が皮膚に触れることによって生じる水虫やたむしなどがありますし、カビによってアレルギー症状が生じることもあります。具体的には気管支喘息や、過敏性肺炎鼻炎アレルギー性の結膜炎などの病気があり、これらが加湿器の加湿によって生じたカビが原因の一つになっているかもしれません。

 

加湿器でカビを生じさせないためには

カビが生じるからと言って加湿器を使わないのでは、本来の目的である乾燥対策や風邪対策ができなくなってしまいます。どちらの利も得るためには温度や湿度を調整する必要があります。具体的には加湿器と暖房器具を併用し、室温を約20度、湿度を約4060%に保つとよいです。暖房をつけることによって加湿器の加湿のし過ぎが軽減されますし、加湿器を使うことで暖房の設定温度も低くできます。湿度と温度のバランスを考えることが大切です。

 

さらにカビの防止のために

空気清浄器…空気清浄器と加湿器を併用することによって、加湿器だけのときに心配されるカビを防止できます。近年は空気清浄機と加湿器が合体したタイプの製品もありますので検討してみるとよいでしょう。

除湿機…加湿器に対して除湿機というとおかしな感じがするかもしれません。湿度は寒い方に流れる性質を持っているため、ピンポイントで寒い部屋にカビが発生することがあります。そのため寒い部屋には除湿機をおくようにするとよいでしょう。

 

 

加湿器は正しく使ってこそ健康を保つ環境を維持できると言えるでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/16-024420.php?category=51])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

寒暖差による結露の予防が大切!戸建てのカビ対策について

  冬の間は家の中の湿度が高くなりがちです。湿度が高いこと自体は風邪予防や乾燥...

カビの発生を防いでカビアレルギーを防ごう!梅雨に起きやすいアレルギー

  カビアレルギーを予防するためにはカビを発生させないことが大切です。カビ...


アトピーには腸内におけるガンジダ菌(カビ)の割合が関係している?

  アトピーはただの体質であると思っている方も多いと思います。もちろん体質もあ...

不快な臭いを防ぐ!梅雨時の洗濯物の臭い対策はこれだ!

  梅雨時期のトラブルのひとつが臭いです。特に洗濯物の臭いは、自分が気になるだ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る