カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. 加湿器が原因でカビが繁殖!?

アレルギー

加湿器が原因でカビが繁殖!?

 

冬になると湿度が下がり空気が乾燥してしまう。そんなときは加湿器の出番ですよね。でもただただ加湿器をつけているだけではダメなのです。湿度が上がりすぎると、悪いことも起こってしまいます。

 

 

カビは湿度が高いのが好き!

一般的に理想とされている湿度は40~60%です。湿度が70%を越してしまうと、雑菌やカビの繁殖を促してしまいます。また同時にダニ等も繁殖しやすくなってしまいます。カビが発生しやすい場所は収納スペース(閉め切っていることが多いので湿気がたまりやすい)、水まわり(高温多湿になりやすい)、日の当たらない北側の部屋(ほかの部屋よりも温度が低いため温度差で結露ができやすい)などです。

 

正しい加湿器の使い方を知ろう

エアコンを暖房器具として使合う人は多くなったと思いますが、エアコンをつけると一気に部屋の中が乾燥してしまいますので加湿器も一緒につけたほうが良いでしょう。しかし一方で石油ストーブやガスファンヒーターはつけると一緒に水分も出ますので加湿器は不要なのです。湿度・温度計を確認し、自分が使っている暖房器具の機能を理解して、必要に応じて加湿器をつけてみましょう。

 

カビを予防しよう!

この時期結露にも悩まされますよね。結露を放っておくとこれまたカビが生えてきてしまいます。多少寒いですが、毎日窓を開けて換気しましょう。また湿気は家具の裏や下にたまりやすいので家具は壁から少し離して空気の通り道を作る等の工夫も必要です。また結露対策として、ホームセンターなどで売られている窓に貼るタイプの結露テープも役に立つでしょう。

 

 

カビは色々な病気の原因にもなります。水虫、たむし、鼻炎気管支喘息もカビが引き起こす病気です。加湿器を上手に使い、快適な生活を送りましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/08/07-025884.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

外気と室内の温度差が激しい時に起きやすい!表面・内面結露とカビの関係

  冬の寒い時期には外気と室内の温度の温度差が大きいことによって結露が生じやす...

梅雨は皮膚のカビ菌に注意!「免疫力の低下」「生活習慣病」の状態は危険!

  人の皮膚の上にいるカビ菌は、梅雨の気候と、人の体の抵抗力や免疫力の低下によ...


カビアレルギーで最も起こりやすい‘アレルギー性気管支炎アスペルギルス症’

    アレルギー性気管支炎アスペルギルス症は、アスペルギルスという菌によっ...

気化式の加湿器のフィルターに生じるカビに注意!

  加湿器には様々な種類のものがあり、スチーム式や超音波式、気化式などがありま...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る