カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 敏感肌 >
  5. かぶれやすい・・・刺激性接触皮膚炎?それともアレルギー性接触皮膚炎?

美容・ダイエット

かぶれやすい・・・刺激性接触皮膚炎?それともアレルギー性接触皮膚炎?

 

 

何かの物質が皮膚に触れたときに炎症が起こるのが、いわゆる「かぶれ」。接触性皮膚炎と呼ばれます。接触性皮膚炎を発症するメカニズムには、じつは2種類あります。

 

■だれでも起こる「刺激性接触皮膚炎」

刺激物に触れたために起こる皮膚炎です。

 

原因物質に接触して数時間以内に赤みやかゆみが出て、ひどいときは水ぶくれができたり、腫れて痛むこともあります。誰にでも発症する可能性があります。


●原因物質の例
・うるし、ぎんなんなどの毒性植物
・けむしなど、昆虫が出す毒や体液
・強い酸性、またはアルカリ性の液体

 

 

■特定の人に起こる「アレルギー性接触皮膚炎」

アレルギー体質の人が、アレルゲンとなる物質に触れたことで起こります。症状は刺激性接触皮膚炎と同様に赤みやかゆみ、みずぶくれなどですが、かゆみが強く、アレルゲンが触れたところ以外にも症状が広がる特徴があります。

 

●原因となるアレルゲンの例
・美容用品:石けん、シャンプー、スプレーなど
・衣料品:防カビ剤、染料、加工用樹脂成分など
・金属:ニッケル、コバルト、クロームなど
・ゴム製品
・皮製品
・樹脂製品

 

●とくに気になる金属アレルギー
ネックレスやピアスなどのアクセサリーにかぶれた経験がある人も多いのではないでしょうか。とくに、かぶれることが多いのは夏などの汗をかく季節です。金属に含まれる成分が汗によって溶け出して、アレルギー反応を起こすことによって起こります。


ピアスによって金属アレルギーが起こった場合は、ピアスの孔からアレルゲンが体内に入り、ひどいと耳たぶだけでなく、首筋まれかぶれがひろがってしまうこともあります。

金属アレルギーは、純金では起こりにくく、ニッケルやコバルトなどを含む合金のアクセサリーで起こることが多くなります。

 

 

敏感肌と思っていたら、実はアレルギーである可能性もあります。いくつかの物質に心当たりがあったら、アレルギー科を受診してパッチテストを受けてみるとハッキリします。

 

photo by://www.ashinari.com/2009/10/08-029490.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

敏感肌に関する記事

敏感肌の方必見!悪化を防ぐために気をつけるべきポイント3つ

  敏感肌にはとにかく刺激を与えないこと     敏感肌に悩んでいる...

高価な化粧品を購入したのに…なぜ起こる?敏感肌の原因とは?

敏感肌かもしれないと思ったときに、まずは、原因が何か知りたくなりますよね。実は...


敏感肌にはどう対応したらいい?デトックスをして敏感肌から脱却しよう

ありとあらゆる刺激に対して過敏に反応してしまう敏感肌。 化粧品も使えるもの...

敏感肌対策!盲点になりがちなのはシャンプー選び!ノンシリコンシャンプーは安心できるの?

敏感肌の悩みをかかえていると、つい、肌に塗るものを何にするかを中心に考えがち...

カラダノートひろば

敏感肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る