カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. なんでもない皮膚がかゆい・・・皮膚掻痒症かもしれません

美容・ダイエット

なんでもない皮膚がかゆい・・・皮膚掻痒症かもしれません

 

皮膚に発疹ができているわけでもないのに、かゆみだけが起こる症状は、冬場に多くなる「皮膚掻痒症」かもしれません。

 

■中年以降の女性に多い症状

「冬になると、足のすねや背中がかゆく、お風呂に入ったときや布団の中ではとくにかゆみが強くて辛い」といった症状が現れるのが皮膚掻痒症です。

 

皮膚には何の病気もないのに皮膚の乾燥によってかゆみだけが起こるものと、糖尿病や肝臓病などの内科的疾患が原因にあるものとがあります。何の病気もないのに起こる皮膚掻痒症は、中年以降の女性に多く現れます。

 

■外気の刺激が直接伝わる

女性は更年期を過ぎる頃から、女性ホルモンの減少に伴って皮膚が潤いを失い、高齢になるほど皮脂の分泌が減って角質層の水分が失われていきます。また、皮膚の老化によって、表皮そのものも薄くなっていきます。


薄くなった皮膚は、いわゆる「敏感肌」です。外気の乾燥や温度変化が、皮膚の内部に伝わりやすい状態となります。

かゆみを感じる感覚器は、皮膚の表面近くにあるため、皮膚が薄いと乾燥や温度変化などの刺激をいち早く感知してしまい、かゆみを発生させてしまいます。

 

■皮膚掻痒症の対策

皮膚掻痒症の対策は、敏感肌のかゆみ対策とも共通している部分があります。どのような点を意識して行うと良いでしょうか。

 

●加湿

冬場は空気が乾燥して、それだけで皮膚のかゆみが強くなりがちになります。乾燥を防ぐために加湿器を置くことが大切です。とくに夜の間はからだが温まって、強いかゆみで眠れない人も少なくありません。

寝室にも加湿器を置き、湿度を一定に保つと予防効果があります。

 

●入浴はぬるめに短時間

熱いお湯は刺激となってかゆみを増強させます。刺激が少ないぬるめのお湯でがまんし、長湯により体が温まりすぎるのを避けます。もちろん、ただでさえ皮脂が少なく刺激に弱くなった皮膚を、石けんをつけたタオルでゴシゴシこするのは厳禁です。

 

●辛いもの、アルコールを控える

唐辛子などの辛いものやアルコールは、かゆみを誘発することがあります。かゆみが強いときには控えめにしたほうが安心です。

 

 

刺激に敏感になった肌には、刺激を控えること。そして、保湿効果の高いクリームなどで保護して、外部からの刺激から守ってあげることが大切です。

 

photo by://www.ashinari.com/2013/03/14-377251.php?category=466

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

オイリー肌ケアの忘れられがちなポイント「保湿」

    オイリー肌で困っていて、オイリー肌について多少知識がある人には「皮脂...

その敏感肌、もしかしたら脂漏性皮膚炎かも?

  鼻の周りや頬にかけての部分が赤くなり、べたつくのにかさついたり、かゆみ...


ストップ乾燥!ツボ押しで改善!?

紫外線や年齢を重ねるごとに気になってくるのが、お肌の乾燥です。 乾燥すると...

お肌のトラブルを足つぼで解消してみませんか?

お肌トラブル発生!! 足つぼマッサージで内側からケア  紫外線が強いこの季節...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る