カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 過食症に薬物治療は有効か?

メンタル

過食症に薬物治療は有効か?

 

過食症に薬物治療は有効なのでしょうか? 様々な実験によると、有効だとでています。

 

▼アメリカの研究報告

 

成人における、心理療法(認知行動療法)と抗うつ薬を使った過食症への効果報告

 

①心理療法、薬剤をそれぞれ単独で行う。

 結果:抗うつ薬単独は、ほとんど効果がない。心理療法単独は効果が高い。

②心理療法+薬剤で、ダブルで行う。

 結果、心理療法単独よりもさらに効果が高い。

 

このように、心理療法だけか、または心理療法と薬物療法を使う事で、効果が高いと実証されています。

 

 

▼アメリカの実験によって過食症に有効だと実証された薬剤

 

◎SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害剤)

・パロキセチン 商品名 パキシル

・フルボキサミン 商品名 ルボックス、デプロメール

 

滞りがちな脳の神経伝達をよくして思った行動をとりやすくします。摂食中枢にも働くとされています。種類の違いは効き方の違いですが個人差がありますので、医者と相談しましょう。

 

※※ SSRIの副作用

だるい・きつい・ねむい・便秘、太った、痩せた など薬との相性・量、効きすぎる、足りないなど、副作用が出たりでなかったりまちまちです

 

 

▼薬を使う場合の注意点

 

・過食症患者は、薬を飲みさえすれば痩せられると勘違いしないでください。心理療法を受けながら服用する方に、有効とされています。

※処方されると痩せられると思いまとめて飲んでしまう方が3分の1いらっしゃいます。薬は出来ればご家族に管理してもらいましょう。

 

・薬の試用期間が長くなると、過食ではなく副作用が生活の邪魔になることもあります。薬を手放すのにも時間がかかります。飲みすぎたり飲まなかったりせず、適切に飲み、短期間で効果をあげるために使うのだと心得ましょう。

 

 

どうしても薬を使いたくない方は、心理療法(カウンセリング)のみで、ゆるやかに治して行く方向も筆者はありだと思います。実際薬なしで筆者は治しましたが、過食嘔吐の自己コントロールへの長い葛藤は、今となっては、必要なものだったと思っています。薬にどうしても抵抗があり、生活に緊急や支障がないのなら、苦しみは長くなるかもしれませんが、ゆるやかに治す自然体の道も悪くないものです。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E8%96%AC-%E4%B8%B8-%E4%B8%AD%E6%AF%92-14550/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

どう接すればいいのかわからない・・・家族が拒食症になったら?知っておこう!

拒食症は周囲との関係性からのストレスも非常に関係が深いので、医者に任せきりにす...

摂食障害の症状は松葉杖のようなものです

■病気が「治る」ことのイメージを決める摂食障害の人は、病気で苦しんでいるというの...


どうして起きる? 拒食症

  拒食症は、体重を増やすことに対する恐怖ややせ願望のために食べることを拒否す...

拒食症が治るとき

■「拒食」が治るときの怖さ「過食」が治ることは、そのまま自己満足感につながってい...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る