カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 冬の感染症はこんな食材に注意!ノロウイルスによる感染症を防ぐ

気になる病気・症状

冬の感染症はこんな食材に注意!ノロウイルスによる感染症を防ぐ

 

夏の時期にはその高温多湿の気候から細菌が繁殖しやすく、冬の時期は乾燥して寒冷な気候から主にウイルスが増殖しやすい環境です。

 

 

冬に流行するウイルスのうち、知られているものの一つがノロウイルスだと思います。ノロウイルスというと、人から人へ空気感染するイメージの方が強い人もいると思いますが、元々は食品からの感染が最初で、その後人から人へ飛沫感染していくきます。集まって食事をする機会の増える冬の季節ですから、原因となり得る食材を知っておくことも必要です。

 

ノロウイルスの原因食材

ノロウイルスの感染原因となる食材は圧倒的に二枚貝、その中でも特に牡蠣が多いです。二枚貝は海の中で大量の海水をとりこみ、不必要な海水などを排出するのですが、この過程で貝の中にウイルスが濃縮されていってしまうためと考えられます。なぜ二枚貝の中でも牡蠣が多いのかというと、日本では冬に生で食べる二枚貝というのが牡蠣がほとんどだからです。つまり十分に加熱してしまえば食べても問題ないのです。他にも野菜やケーキ、サンドイッチ、和え物など加熱が不十分なものからの感染が見られます。一方でノロウイルスが発生した場合の半数以上は原因食材が判明していないというデータもあります。飛沫感染でどこからウイルスをもらってきたか分からない場合もあるということでしょう。

 

溶連菌感染症の原因食材

冬に流行する感染症には溶連菌感染症があります。溶連菌感染症は小児に好発する感染症で、主な感染経路は人から人へと飛沫感染することですので、幼稚園や小学校などで感染して流行します。ただ、食品や飲料水を介して経口感染することもあり、食品としてはポテトサラダや焼きそば、卵サンドイッチなどを介して集団感染した事例があります。

 

 

明らかな腐敗菌であれば見た目で分かりますが、汚染されているかどうかわからない感染症も多くあります。お店の食事の場合には仕方がないかもしれませんが、自分たちで調理をする際は賞味期限を気にしたり十分な加熱をしたりと、注意しましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/02-364521.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

薬を飲んで病気が治った?勘違いで服薬をやめると、症状が悪化するかもしれません!

病院に行って処方された薬は、用法や用量を守って飲んでいるでしょうか。 自分...

腸管出血性大腸菌の感染源とは?牛からの感染?どこで感染しちゃったの?不明な感染経路への不安

   腸管出血性大腸菌の感染源となる大腸菌は、ウシの腸管内常在菌であることが多い...


発熱や下痢…腸管内で病原性を発揮する原因となる大腸菌の種類とは?

   腸管出血性大腸菌感染症の原因菌は、大腸菌属に属する菌です。大腸菌属の種類...

抗生物質を「飲み切る」のは何のため?飲み切る大切さ、飲み切らないことの怖さとは?

感染症にかかって抗生物質や抗菌薬を処方されたとき、それを飲み切っていますか? ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る