カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 周期・リズム >
  5. 生理不順に効く漢方と食事!生理が始まっても高温の場合、理由は?

女性のカラダの悩み

生理不順に効く漢方と食事!生理が始まっても高温の場合、理由は?

 

生理周期の乱れを特徴とする生理不順にも、漢方が役立ちます。

生理周期の長短によって、大きく2つのタイプに分けられます。

 

周期が長いタイプ 

生理のない月があったり、なかなか生理が来ない周期が長いタイプの人では、血が不足する血虚や気が不足する気虚がベースにあります。

血を補う漢方や、気を補う漢方を試してみましょう。

 

血を補う漢方薬には、四物湯(シモツトウ)があります。

むくみがある場合、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)でも良いでしょう。

むくみがなく、イライラなどの熱の症状もない人には、当帰養血膏(トウキヨウケツコウ)、十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)が向いています。

 

気を補う、つまりエネルギー不足を改善する漢方薬には、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や六君子湯(リックンシトウ)などがおすすめです。

 

血虚と気虚の両方の症状を併せ持つ人の場合、朝は気虚用、夜は血虚用、というように併用するのも一つの手です。

 

周期が短いタイプ

生理周期が不定期であったり短い人は、気が滞っている気滞や血の巡りが悪くなっている瘀血がベースにあることが多いです。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)は気の巡りを良くすることで、血の流れも良くなり、周期を整えるのに役立ちます。

 

イライラが強い時は、抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)を使ってみるのもおすすめです。

 

イライラなどの精神的な症状よりも生理痛が辛い場合は、瘀血を改善する桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)や桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、温経湯(ウンケイトウ)なども良いでしょう。

 

続けて飲むのがポイント!

個人の体質に合わせてきめ細かい処方ができるのが、漢方のメリットの一つであるといえます。

 

使い続けることによって効果があらわれることもあるので、毎日続けて飲むのがポイントです。

 

 

生理にまつわる不調は食生活で改善!生理周期に合わせて必要な栄養素を補おう

生理が不規則、痛みが辛い、生理前になると鬱っぽくなったりイライラする・・・

こんな悩みが食事で改善できるかもしれません。

生理周期にあわせて必要な栄養素をおぎなうことによって、不調を和げたりすることもできるでしょう。

 

生理周期ごとに必要な栄養素とは?

生理開始~生理終了(リセット期)

 

この時期は、生理痛に悩まされたり、血行の悪化によって冷えやすかったりします。

子宮収縮による痛みを和らげる脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)が豊富な青魚は、血合いの部分に鉄を多く含みます。

体を温める作用が高く、血液のめぐりを良くする生姜で冷えを防ぎましょう。

 

生理終了~排卵(ヤセ期)

心身ともに快調で、ダイエット効果が出やすい時期です。

ですが、大切な子宮内膜が作られる時期なので、「食べないダイエット」はよくないでしょう。

粘膜の材料になる亜鉛は貝類やナッツ類に豊富に含まれています。

代謝アップを後押しするスパイス類でダイエット効果を高めましょう。

 

排卵から次の生理までの約2週間(デトックス期)

便秘気味、むくみ、イライラなどがたまりやすい時期なので、デトックスを意識しましょう。

腸の働きを活発にする食物繊維や発酵食品は、朝からしっかり取るのがコツです。

ドライフルーツやヨーグルトがおすすめです。

リラックスを支える脳内神経伝達物質・セロトニンの合成を助けるビタミンB6はバナナで手軽に取れます。

 

周期のどのタイミングでも補給したい栄養素

生理不順や生理痛に悩んで受診する人に血液検査を行うと、タンパク質と鉄が不足している人が圧倒的に多いと言われます。

タンパク質は女性ホルモンの材料となり、鉄は子宮内膜や血液に欠かせないため、これらの不足が女性ホルモンのバランスや子宮内膜の状態を悪くする原因にもなっています。

 

女性ホルモンや元気な子宮・卵巣づくりのベースとなる栄養素であるため、生理周期のどのタイミングでも補給するのをおすすめします。

タンパク質を多く含む食品としては、肉や魚、卵、チーズ、豆腐や納豆、貝類などがあります。

鉄を多く含む食品としては、煮干しやひじき、小松菜やレバーなどがあります。

 

イライラや痛みに悩んでいる方は、ぜひ意識して栄養を取ることを心がけてみましょう。

 

 

月経トラブルは食事のリズムを作ることから!

月経のトラブルを抱えている人によく見られるのが、朝食を抜いたり、ダイエットで食事量を減らしたり、スナック菓子などの間食が多かったりなどの、食生活の乱れです。

食事のリズムが崩れると、一日の生活そのものが乱れていきます。

 

生活が乱れれば、体を整える自律神経が乱れ、更には女性ホルモンの不調を引き起こし、月経のトラブルが増えてしまうのです。

 

食事の時間を決める

まずは、一日三食を大体決まった時間に取りましょう。

そうすることによって、自律神経のリズムも整い、自然と体に備わった本来の機能が働き始めるはずです。

 

朝はフルーツや野菜を

朝食にはフルーツや野菜を食べるのがおすすめです。

ビタミンやミネラル、食物繊維、糖、水分など、必要な栄養素を取ることができます。

 

昼はとにかく時間を守る!

昼食は、仕事や家事などの都合もあり、食べられないことも多いです。

とにかく時間になったら食べるということを心がけましょう。

 

夜はタンパク質を

夕食には、魚や大豆などのタンパク質をしっかりとります。

寝ている間に体の細胞が生まれ変わるので、夜に良質なタンパク質を取ることで、女性ホルモンの生成を促すことができるのです。

 

あえて間食するのもOK

仕事や家族に合わせていると、どうしても夕食の時間が遅くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、そこでお腹が空いてスナック菓子を食べてしまったり、ケーキをドカ食いしてしまったら太ってしまいます。

あらかじめ、間食として甘いものやナッツ類などの量を決めておくことによって、食べ過ぎやドカ食いを防ぐことができるでしょう。

 

 

高温期って何度?期間は?体はどう変わる?生理が始まっても高温の場合、理由は?

生理前にイライラしたり、排卵日にお腹が痛くなったり、月に1回生理が来たり…女性の体は一定の波があります。

それは女性ホルモンの分泌の影響で、卵巣の機能が終わるまではこれらと上手に付き合っていかなければいけません。

 

高温期って何?

妊娠や婦人科健診の受診を考えたときなど、「高温期」「低温期」という言葉を聞くことがあると思います。

この高温期はどんなものなのでしょうか?

 

・高温期&低温期

基礎体温を継続して測っている方は、高温期や低温期についてよく知っていると思います。

あるいは「今、私は高温期」という風に実感している人もいると思います。

 

基礎体温を測ると、健康な場合、1サイクルの体温のグラフが2つの層に分かれます。

それが高温期と低温期で、その言葉のまま、基礎体温が高いときと低いときに分かれます。

生理の1サイクル(生理から次の生理まで)のうち、だいたい半分が高温期で残りの半分が低温期になります。

 

・2つにはっきり分かれないことも

高温期と低温期と分かれるのが基本ですが、必ずしも2層に分かれるわけではありません。

日々の基礎体温がガタガタになることもありますし、なんとなく2層になっている感じがするくらいのこともあります。

これはひとつの婦人科系疾患のサインでもありますが、ストレスなどでもこうなることがあります。

ですから、基礎体温がガタガタで2層にならなくても妊娠するケースもあります。

 

・高温期は排卵~生理

高温期のはじまりは排卵です。

排卵日の前までは低温期ですが、排卵日周辺にガクンと一度体温が下がって、そこから体温が上がり高温期がはじまります。

その後生理が始まるのと同じタイミングで、低温期に移行します。

 

何度くらいが高温期?

一定期間、測定した基礎体温をグラフに起こしてみると、相対的に2つの層が見えて高い方が高温期と分かるかもしれません。

しかし、分かりにくい場合もあります。

 

・高温期と言われるのは何度?

基礎体温をつけ始めたときには、高温期かどうかがいまいちわかりません。

また、はっきりと層が分かれていない場合には、高温期なのか低温期なのか分かりにくいと思います。

 

目安ですが、高温期の基礎体温は36.7度くらいから上とされています。

ただ、平熱が高い人も低い人もいますよね。

そのため、あくまでも36.7度以上というのは目安です。

 

・低温期と相対的に見る

2、3ヶ月基礎体温をつけてみると、だいたいのグラフの形が見えてきます。

そのときに、低温期の平均体温と比べて0.3~0.5度以上上がったら、高温期と考えてよいです。

実際に産婦人科医さんも、高温期の体温が何度以上というよりは、全体的なグラフの形を見て高温期と低温期を把握しています。

 

・2つの層に分かれていることが重要

基礎体温を把握するとなった時にとても重要なのが、高温期と低温期の2つの層に分かれていることです。

例えば、低温期が続いていて高温期にならずに次の生理が来るような場合には、無排卵月経の可能性があります。

 

また、2つの層に分かれていたとしても高温期の長さも大事です。

高温期は14日くらいあるのが本来で、9日以下と短いのは黄体機能不全の可能性があります。

いずれの場合にも早めに産婦人科を受診しましょう。

 

高温期の体はどんな変化が起こる?

排卵日から生理が始まる前までの高温期には、体はどんな状態になっているのでしょうか?

高温期は黄体期とも言い、女性ホルモンの内の黄体ホルモンの分泌が多くなる期間です。

 

・太りやすくなる

黄体ホルモンの分泌が多くなることで、女性の体は水分や栄養分をため込みやすくなります。

黄体ホルモンは妊娠したときに多く分泌されるホルモンで、妊娠しやすい体をつくるように働きます。

そのため、栄養や水分をため込みやすく脂肪が落としにくい上、つきやすくなります。

 

・生理前の諸症状が起こる

生理前になるとイライラしたり、涙もろくなったり、攻撃的になるなど精神的に不安定になることがあります。

また、身体的にもだるさがあったり、眠気が強くなったり、腰が痛くなったり、胸が張ったりする人もいます。

これらも高温期の特徴のひとつです。

 

・食欲が増す

高温期に太りやすくなるのは栄養をため込みやすくなるためですが、実際に体もその方向に働きます。

いつもよりも食欲が増して、たくさん食べることができてしまいます。

また、イライラ症状を落ち着かせようとして、自然と甘いものに手が伸びてしまうこともあります。

 

高温期なのに生理が来ることはあるの?

高温期は排卵から生理「前」までの期間です。

つまり生理がはじまるときには、低温期に移行しているということになります。

生理の最初の2、3日は高温で、その後低温に移行することはあります。

しかし、もし基礎体温が高いままなのに生理が来たら、どんな理由が考えられるでしょうか?

 

・風邪を引いている

基礎体温の変化はあくまで健康な時の変化です。

もし風邪などを引いて体調を崩していたとしたら、生理中でも体温が高くなっていて当然です。

特に生理前にはホルモンバランスが乱れることで免疫力が低くなって、体調を崩しやすいタイミングでもあります。

 

・ストレスが溜まっている

ホルモンバランスに影響を与えやすいのがストレスです。

いつもよりもストレスフルな環境にいると、ホルモンバランスが乱れて基礎体温に影響しているかもしれません。

その場合、自律神経が乱れて、他に便秘や胃痛などの症状が出ていることも多いです。

 

・貧血

もともと貧血気味という場合、生理をきっかけに大量の血液を失います。

そうなると生理前後に貧血の程度が深刻になってしまうので、体に負担がかかります。

その結果、貧血によって微熱を出してしまうことがあります。

同時に吐き気やめまいなどの症状が出ていないか確認しましょう。

 

・婦人科系疾患

やはり捨てきれない可能性が、婦人科系の疾患です。

子宮や卵巣に何か問題があると、たとえ自覚症状がなくても基礎体温が乱れることがあります。

生理だと思っていた出血が子宮などからの不正出血だったということもあるので、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

 

妊娠の可能性も!

生理が来たということは妊娠していないということですが、それはちょっと待ってください。

生理の時に基礎体温が高いままになっているなら、妊娠の可能性も捨てきれません。

 

・妊娠すると高温が続く

妊娠するとしばらく高温期が続きます。

高温期には黄体ホルモンが多く分泌されますが、これが妊娠を継続するためのホルモンと書きました。

妊娠すると継続して黄体ホルモンが分泌されるので、高温期が続くようになります。

 

・でも、生理が来たのに…?

生理が来たのに妊娠と言うのはおかしいですよね。

もし妊娠をしていたら、生理だと思っていた出血が着床出血の可能性が高いです。

着床出血は、受精卵が子宮に着床したときに起こる出血で、全ての妊婦さんに起こるわけではありません。

 

もし着床出血が起こった場合には、生理予定日よりも少し早めで、出血量も多くありません。

また、生理のように何日も出血が続くこともありません。

 

・子宮外妊娠の可能性もあります

子宮内膜以外の場所に着床する子宮外妊娠が起こっている可能性もあります。

この場合も、通常の生理よりも少ない出血が見られ、それが数日続きます。

そして、妊娠している状態ということは変わらないので、体温は高温期が続きます。

 

妊娠検査薬でも陽性が出ますが、エコー検査で胎嚢が確認できず、放っておくと危険な状態になる可能性があります。

そのため、早めに産婦人科で処置をしてもらう必要があります。

 

最後に

例えすぐに妊娠を希望していなくても、基礎体温を記録していくことは自分の体を知る上で非常に役立ちます。

 

もし、生理が始まっても高温期が続くのであれば、病気でなくとも体からのサインですから、生活を見つめ直すこともできますね。

(Photo by:http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周期・リズムに関する記事

「思春期の生理不順」解決できる?できない?原因をみてみよう!生理中の情緒不安定はなぜ起こる?

生理が始まったばかりの女子は、生理に関することが安定しないというのはよくある...

生理を早く終わらせる・生理を早める方法とは?月経の周期が長すぎる・短すぎる…“稀発月経”“頻発月経”

女性にとって避けることができない「生理」。しかし、来るなら来るでスパッと終わ...


生理が予定より早く来た?!原因は?病気?生理が早まるって危険なこと?月経について詳しく解説!

生理が一定の周期で来ていたのに、とつぜん生理が早まるとびっくりすると思います...

女性の生理はうつる?うつらない?本当はどうなの?その謎を徹底解剖!

生理中の人に近づくと、生理がうつるという話を聞いたことはありませんか? 風...

カラダノートひろば

周期・リズムの関連カテゴリ

周期・リズムの記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る